トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

長○寺の猫

2

名古屋市内の動物供養で有名な長○寺です。

ここには、前出のK駅の猫も眠っています。

K駅から徒歩15分程度でしょうか、境内には数頭の猫たちがおり、心無い人たちが放置したと思われ、懐っこい仔が多いです。

なにか事情があったにせよ、一旦預かった命は最後まで責任を持って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒猫一直線

Photo 黒猫が一直線に4頭ならんでました。

まだ若い猫で、おそらく兄弟でしょう(^^)

兄弟といえども4頭も黒猫だけがいるのは、めずらしいです!

しかも、一直線に並んでくれました。

猫写を初めて気づいたことですが、猫のガラで一番多いのは、黒猫だと思います。(私の個人的主観データですが)

次にキジトラかな?

このへんの確かなデータがあれば知りたいですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

K駅の猫-最終回

Photo_5 今回で、一応「K駅の猫」は最終回とします。

これまでの写真は、私が写真を始めて間もない約3~4年前の写真です。

今でも未熟ですが、さらに未熟だった時期にモデルになってもらい、写真の勉強をさせてもらいました。

上の写真は、そのころ自分なりに良く撮れていると思っていたものです。(今見るとそんなに良く撮れているとはいえないですが)

下の写真は、3頭仲良くしていますね!3頭揃った写真はあまりありませんが、この写真はバランス良くいますね。

3_1
残念ながら、サバトラ・シロクロ・キジトラの順に2~3年前の1年の間に相次いで天国に旅立ちました。

ネコおばさんの話では、猫エイズだと言ってました、

そして親切な人が近くの動物供養のお寺で供養してもらったそうです。

写真って不思議ですよね!2次元の世界なのにそのフィルムの中にはその時の、「時間・空間」が確かに封じ込められています。

超一流の写真家になると、「空気感」「感情」までも切り取ります。

右足が不自由だったシロクロ(娘)とても懐っこかったキジトラ(母)きれいなサバトラ(父)と写真を始めた頃に出会ったことで、今でも一番印象深い猫たちです。

写真は、確かにその時間に3頭の生命が存在した記憶です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

K駅の猫9

Photo_4

シロクロはこんな感じです。

ネコおばさんの話では、「小さい時に車に轢かれた」と言ってました。

ちょっと痛々しい写真ですが、本人は元気一杯で、母似でかなり懐っこい仔でしたので、かわいがられていました。

3キジトラ(母)は、こんな感じで一番懐こい仔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫8

Photo_2 キジトラ(母)が、タイヤで爪とぎしてますね~

持ち主が猫嫌いだったら卒倒しかねません。

シロクロ(娘)は毛づくろい中。

いつも一緒です。

ホントにこの2頭は仲がいいですね~

仲がよいのですが、

シロクロが甘えん坊なので

甘えすぎて、ときどきこんなになります。 Photo_3

「パシッ!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛機

Fm3a 今、気づきました!

昨日で写真を本格的に始めて5年になりました。

5年前にこのカメラに一目惚れしたのが、本格的に写真を始めたきっかけでした。

「ニコンFM3A」銀塩(フイルム)のマニュアルフォーカスカメラです。

レンズも、「ニッコール・28mmF2,8」単焦点のレンズを良く使います。

デジカメ全盛の今から見ると、マニアックなカメラですね。

でも私は、今でも銀塩カメラを愛用しています。

K駅の猫は、ほぼこのカメラで撮影しました。

最近出番が減りましたが、最初に買ったカメラなので手放すことなく

一生持っていようとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫7

0001 凛々しい表情です!

でもなんだか、銭湯の番台みたいで、江戸っ子風ですね。

この姿勢が楽なのかよく、この車輪止めのブロックを使っていました。

この写真は、結構すきな写真です。

話は変わりますが、昨日は「つま恋」にいました。

中高年のみなさまはピンとくるかもしませんが、「拓郎&かぐや姫」にいってきましたよ。

私はまだ、30代ですが、母親の影響で、小学生~中学生まで「かぐや姫」をよく聞いていました。

会場は、拓郎ファンの方が多かったですが、楽しめましたよ。

さきほど、かぐや姫ベスト盤を購入してきました!

聞きながらカキコしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫6

Photo雨上がりの日、水溜りの水を飲んでいます。

だいじょぶかな?

ちゃんとねこオバサンが水はあげています。

うちの仔も水入れの水よりも、風呂場の洗面器の水を飲んでるし。

猫は、ぬるめの水が好みだとか。

ノラの生活は厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫5

014 2頭とものんびりしていますね!

シロクロ(娘)推定2歳だそうです。キジトラ(母)年齢不詳?

ふつうは、子別れしているのかな?

でもこの親子は、ほとんど一緒に仲良くいます。(^^)

やっぱり母の愛情があるのですね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

K駅の猫4

Photo_13頭揃った数少ない写真です。

サバトラ「父」が爪とぎをしています。

シロクロ「娘」とキジトラ「母」がそれをながめていますね~

3頭は親子だと「ねこオバサン」から聞きましたが、

全然毛色が違いますね?

ホントに親子かどうかは判りませんが、とても仲がよい3頭でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫3

まだ始めたばかりで、お見苦しいプログですが何名かご覧になっていただいているようで、ありがとうございます。

7_1本日も、K駅の猫です。

この仔は、K駅で最初に出会った仔です。

私が、K駅で何かいい被写体がないか物色していると「ニャー!」と鳴きながら突進してきました。

その後に前出の白黒猫と、キジトラが出てきて、3頭に囲まれハーレム状態。
猫好きには至福のときです。

さばトラのとてもすてきな仔ですが、雄猫なのでパトロールにいっているのか、逢える日はそんなに多くなく写真はそんなに残っていませんが、そのなかの一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫2

002車のタイヤの上にいるのは、白黒のお母さんだそうです。

ここの駅にいた仔のなかで一番懐っこい仔でした。

なでなでしてあげると、10分ぐらいは平気でゴロゴロしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K駅の猫

073 前回と同じ猫です。名古屋市の名鉄「K駅」にすんでいました。

ご覧のように、右前足が不自由でが元気一杯でした。

わたしが、5年前ニコンFM3Aというマニュアルフォーカスのカメラを衝動買いし、写真を始めた当初よくモデルになってくれました。

先回書いたように、2年ほど前に天国に旅立ったと、世話をしていたねこオバサンにききました。

すべて過去形になりましたが、あと数回「K駅の猫」を振り返ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くね・くね猫

074名古屋市の某駅にすみついていた仔です。

写真を始めた頃よく撮影していました。

写真では判りにくいかもしれませんが、前足の片側が不自由でした。

それでもかわいがられていたようで、とても懐っこい仔でした。

残念ですが、数年前天国に旅立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず始めました。

076とりあえず、プログ始めました。

猫写を中心に、カメラや旅(主に鉄道)の話などを綴っていく予定です。

HNは、江陸 蔵人としています。

敬愛する「エリック・クラプトン」から頂ました。

とりあえず、うちの仔なぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年10月 »