« またしても | トップページ | コンデジ »

神島

Photo_18

4:00 の目覚ましでめざめた、今日こそ神島へ渡ろう!

外はまだ暗い、急激に朝が冷えるようになった。

昨日準備したバッグを持って愛車のフィットで伊良湖へ向かう。

バッグには、一番新しい相棒F6と、FM3A・コンデジのカメラ3台とレンズ・フィルムを詰め込んである。

2_2伊良湖に近づくにつれしだいに空もしらみ始め、今日の晴天を約束してくれた。

渡船場へ着いた、しかしまだ風がある、定期船の中は、40超える乗客がいるが、私以外は皆釣り客である。

やはり外海に出ると少々船が揺れる。

6:50 神島に着き、灯台をめざす。

時計台をぬけると階段が続き、狭くなりながら右へ左へ数回折り返す。

2_3途中、第一島猫発見!

まだ若い、茶と白の仔だ、とりあえずコンデジで撮影し灯台へ進む。

さらに進む、開けてくると風が通り抜ける、少し不安だ。

神島灯台の門が見えた、やはり不安だ、いつもならここで猫の姿が見られるはずだ。

最後の階段を登ると灯台の展望台がある。

いつもなら2~5頭の猫が朝日をあびて、観光客をまちうけ、弁当のおこぼれを狙っているのだが。

残念ながら今日は、1頭の仔もいない。

今春まで、4~5頭はいたのだが。

風のせいなのか、ほかになにかあったのかは解らないが、無人となった灯台で生きていくのはそうとう困難であることは、容易に想像できる。

Photo_198:50 展望台で待ってみたが、来るのは空からの「サシバ・ノスリ」とおぼしき鳥だけだ。

鳥羽からの定期船が着いたらしい、望遠鏡や双眼鏡・カメラを持った年配の方々が10人程度やってきた。

目当ては、「サシバ・ノスリ」に「※△×マダラ」とかゆう蝶の一種らしい。

今日は、退散しよう。

この「青い空と白い灯台」で、猫を撮影できたのも今春で最後になったのかも。

この日が来ることは予想していたが、最近連続する、残念だが、しかたない。

帰り道、朝、猫がいた場所に今度は、2頭の仔がいた!

さらに、よく見ると合計6頭の猫が近くにいる。

以前は、この付近はこれほどいなかったような気がする。

灯台の仔たちが、人家近くのこの場所に一部移ってきたのだろう。

ちょっとホットした、灯台ほどではないが、ここもなかなかの場所だ。

ひとしきり撮影して、島を後にした。

(とりあえず、コンデジで撮影した写真をアップしました。フィルムで撮影した写真は、またアップしますね。)

|

« またしても | トップページ | コンデジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156463/3747160

この記事へのトラックバック一覧です: 神島:

« またしても | トップページ | コンデジ »