« 男鹿半島 | トップページ | 伏見稲荷 »

帰路

Photo_112 1月4日09:14

男鹿駅を発車し後はひたすら家路へ。

「秋田行き普通」ディーゼル列車の車内の乗客はまばらである。

4人掛けのボックス席を一人占め、陽も差し込んで いよいよ「ローカル列車の旅」といった趣を満喫した(^^)

秋田からは、山形まで18切符を使用し普通列車で「のんびりと」行けるかな(??)

一旦新庄駅で1時間余り乗継待ち。

駅周辺を散策。

Photo_113さすがに山間部なので、海沿いの街よりかなり寒い(><)

おっ!ここで1日ぶりに猫を発見(~~)/

しかし、「にゃー」と挨拶したが、雪かき器具に逃げ込まれました(ToT)

山形駅からは、「こまち」⇒「のぞみ」を使い、ズルして帰りました。

Photo_114東京での乗換え時、駅弁「焼鯖寿司」を購入。

私が食したなかで、この「焼鯖寿司」が数ある駅弁の中で1・2を争う好物です。

東京駅で購入していますが、奈良の名物のようですな~

おしまいm(_ _)m

【カメラ:ファインピクスF30】

※結局、今回の旅で一眼レフカメラ(F3)は使用せず。

 バッグから取り出すこともあるませんでした(TOT)

|

« 男鹿半島 | トップページ | 伏見稲荷 »

コメント

再度のお帰りなさいです。

冬の日本海の鉛色の空、ほんとうにど~んと重くなりますね。
就職先が日本海側だった知人が「冬の日本海は耐えられない」と言ってたのを思い出しました。なんたって彼女の実家は九州だから。
寒さが苦手な私は冬の東北は行けそうもないなあ。

猫はやっぱり寒い所では、あまり外にいないのでしょうか?

投稿: はづき | 2007年1月12日 (金) 23時27分

はづきさんこんばんは。
旅で見るには、冬の日本海らしく
渋っ~い感じで良いのですが、
実際住んでみるとつらいのでしょうねm(_ _)m
猫たちですが、やはり寒い地域でのらが生きていくのは大変です。
寒い地域の、のらですが地域の優しい方々の力がないと生きていけないようです。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年1月13日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156463/4897441

この記事へのトラックバック一覧です: 帰路:

« 男鹿半島 | トップページ | 伏見稲荷 »