« F3の露出 | トップページ | 瀬戸内の島 »

F3の露出その2

Photo_35 適正露出に設定するには、レンズの絞りとシャッター速度を調整して合わせます。

このときに、F3の場合はファインダーの右上にシャッタースピードと、±の表示がありますので

「±=適正」「+=オーバー」「-=アンダー」の露出です。

これだけの表示ですので、どのくらい外れているのかはまったく判りません。

初心者には使い難いかもしれませんが、慣れてしまうと使い易いです(^0^)/

私の場合、28、35mmのレンズの場合絞りF5.6、50mmの場合、絞りF2.8を基本にして撮影しています、ですので光の具合で大まかなシャッタースピードは判ります。

そこから、ファインダーをのぞき微調整しています。

そのとき私は、晴天などの光が強い時はややマイナス補正、曇天などで光が弱い時はややプラス補正して撮影していますよ~(~_~)

【カメラ:F3_レンズ:Ai28mmF2.8S】

撮影_06年05月_N県

|

« F3の露出 | トップページ | 瀬戸内の島 »

コメント

F3は絞り優先とマニュアルですよね。
この2つと、私の場合、あとシャッター優先があれば十分ですね。
最近のは露出機構のメニューが多すぎます。
F3はそういう意味で、必要十分な機能のみを備えた、無駄のないカメラだと思います。

投稿: 野良っ猫 | 2007年4月13日 (金) 21時25分

野良っ猫さんこんばんは。
そうですね、「シンプルイズベスト」「機能美」ですよね。
最近の工業製品は、カメラに限らず機能が多すぎると感じます。
まず一生使わないだろうと思う機能が5割以上あるのではないでしょうか?
と思いつつも、最近F6の出番が多くなっています、やっぱりらくだm(_ _)m
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年4月14日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F3の露出 | トップページ | 瀬戸内の島 »