« もうすぐGW | トップページ | F3の露出その2 »

F3の露出

2_2 私の愛用しているカメラの「ニコンF3」ですが、

内蔵の露出計は非常に正確だといわれています。

露出を測定する部分はファインダー内の中央部、12mmの円で測光しています。

(F3は、他機種に比べスッポット性が強いとされています。)

適正な露出は、反射率18%のグレーですので、黒っぽければマイナス補正、白っぽければプラス補正が必要になりますね。

私の場合は、グレーぽい物でまず測光しおきます。

この写真の場合、猫の背中が中央になるので、露出を外すかもしれません。

このときは、階段のコンクリートを中央に持っていき、適正露出にして構図を合わせシャッターを切りました(^o^)

コンクリートは、ほぼ18%の反射率といわれてますので、私は露出測光にいつも使用しています。

また、人の肌も18%程度だといわれていますので、手の甲で測光する人もいるようです。

【カメラ:F3_レンズ:Ai28mmF2.8S】

撮影_06年05月_N県

|

« もうすぐGW | トップページ | F3の露出その2 »

コメント

中央重点測光でしたっけ。
評価測光時代になっても、
慣れの点で、中央重点のほうが
いいという写真家もいますね。
それにしても、F3をいまだに使い続けているというのは渋い!
私は最近、キャノンのニューF1を復刻してくれないかと密かに望んでいます。

投稿: 野良っ猫 | 2007年4月12日 (木) 17時00分

野良っ猫さんこんばんは。
そうです!中央重点測光方式のみです(^o^)/
いまだにとゆうか、3年ちょっと前からですが(^_^;)
昨年F6を購入しましたので出番は減りましたが、信頼度は今のところ№1です。
ニューF1ですか!
銀塩マニュアル一眼は、散歩しながら猫などを撮影するにはとっても良いですよね(~0~)
巷では、銀塩マニュアル機の専門紙なども数部刊行されていますし、復刻も夢でもないかもしれませんね(??)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年4月12日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐGW | トップページ | F3の露出その2 »