« 長崎猫写行脚-C地区 | トップページ | 「長倉洋海:シルクロード」写真展 »

長崎猫写行脚-C地区2

この界隈では、ホントに猫たちによく出逢う(^o^)

おそらく、人間と出会う数と変わらないような感じだ。

ここも、ボス猫風のチャトラにチャトラシロの雌が寄り添って歩いていた。07_1

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-C地区 | トップページ | 「長倉洋海:シルクロード」写真展 »

コメント

こんばんは。
蔵人さん。。。こうやって毎日見せていただいていると、だんだん目が肥えてきたのか、いちがんれふっていいなーと思うようになってきました。勿論、一眼レフならなんでもいいわけではないのでしょうけれど。
この画の厚みはいいですよね。お手入れその他も難しいのでしょうね。

投稿: ささ | 2007年5月17日 (木) 20時52分

さささんこんばんは。
一眼レフがいいとゆうより、フイルム写真であるため厚み、奥行きを感じる。
と、私は思っています。
もちろんデジタル一眼でも、RAW(非圧縮)データをソフトで加工すればかなりフイルムに近いイメージになるようです。
面倒くさがりな私は、フイルムをスキャンしています。(これも面倒ですが)
デジカメの場合は構造上、一眼レフタイプでないとデータが加工に不向きのため、奥行き深みのある画像を得るのはかなり難しいです。
フイルムカメラの場合は、高級タイプのコンパクトカメラでは、一眼レフに勝るとも劣らない写真が撮影できます。
このことになると長くなってしまうので・・・(^_^;
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年5月17日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-C地区 | トップページ | 「長倉洋海:シルクロード」写真展 »