« 函館猫写行脚‐下北半島 | トップページ | 函館猫写行脚‐下北半島3 »

函館猫写行脚‐下北半島2

0708_003 O町で一泊し朝6時過ぎ宿を後にする。

散策を開始してすぐに民家の玄関先でお休み中の仔2頭に出逢った(^^)

この家の飼猫らしい、2頭とも首輪があった。

本州最北端の下北半島ですが、ここ数日は日中30℃を超えていて、夜も寝苦しいのか家の外でお休み中のようです。

手前の仔は、一旦こちらに気付き一瞥されたが、また眠りにつきました、奥の仔は様子を伺ってますね~(^^)

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 函館猫写行脚‐下北半島 | トップページ | 函館猫写行脚‐下北半島3 »

コメント

このフサフサ長毛では暑いでしょうねえ。

暑い夏だけは、ちょっと猫に同情してしまいます。

しかし、猫ってなにか枕にすること多いのでは?このコも石枕かな?涼しいのかもしれませんね。

投稿: はづき | 2007年8月26日 (日) 14時21分

はづきさんこんばんは。
元来、猫は暑い地域が原産なので暑さに強いとは思いますが、
今年の猛暑では耐えかねたのでしょうか(^^)
猫って、「なんで?」て思うような所で寝ている事もありますよネ。
この仔はこの石がお気に入りなのかも(^_^)
ドラムカンが冷たくて気持ちよいのかも(??)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年8月26日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館猫写行脚‐下北半島 | トップページ | 函館猫写行脚‐下北半島3 »