« 函館猫写行脚‐A地区6 | トップページ | 函館猫写行脚‐A地区8 »

函館猫写行脚‐A地区7

0708_295 前回のお尻だけのキジトラシロはまだ幼さの残る仔でした(^^)

この仔も私には無関心な様子。

バックが何の変哲も無い生活道路でしたのが、ここも「F3+Ai Nikkor 50mm F1.4S」で撮影する。

巷では、90万円~50万円もする、最新デジタル一眼レフが話題ですが、

私のカメラは発売から30年近く前で、4年前中古で購入、レンズも中古で購入、合計で約6万円程度です(^_^ヾ

デジタル一眼の入門機やコンパクトデジカメの高級機よりも若干安いです。

2年程度で陳腐化するデジタルカメラ。

30年経っても輝きを放つ銀塩カメラ。

今回の旅でも良いカットが数枚撮影できました(^^)

ありがとうNikon F3、ありがとうNikkorレンズ、これからも頼みますm(_ _)m

【カメラ:F3_レンズ:Ai50mmF1.4S】

1周年記念プレゼント実施中(もちろん無料ですヨ!!)

詳しくは↓↓↓↓の記事をみてネ

※すでにご応募いただいた方、ありがとうございますm(_ _)m

メールの返信はもう暫らくお待ちください、週末ぐらいで締め切り後、返信いたしますのでご容赦くださいm(u u)m

発送は月末になる予定ですので、気長に待って頂きたいと存じますm(_ _)m

|

« 函館猫写行脚‐A地区6 | トップページ | 函館猫写行脚‐A地区8 »

コメント

このキジトラくんのうつろな目には何が映っているのでしょうね。

ピンがきているところ意外のボケかたがものすごくいい感じです。
自分は流れの速いデジカメばかりを使っています。
銀塩のこういった絵を見ていると、
カメラとしても、ほんとうに世界観がちがうのだなぁっと思い知らされます・・・。

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年9月19日 (水) 01時40分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
デジタル一眼でも条件が揃うと銀塩と差は少ないと感じます。
現在では、銀塩vsデジタルではなくどちらが撮影者の嗜好に合うか、撮影シーンに合うかだと思います。
私の場合は、スローでアナログな銀塩がしっくりきています(^^)
今は、銀塩とデジタル両方楽しめる良い時代ですネ
どちらにしても、猫写ライフを楽しみましょうo(^-^)o
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年9月19日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館猫写行脚‐A地区6 | トップページ | 函館猫写行脚‐A地区8 »