« 長崎猫写行脚-07秋編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 10 »

長崎猫写行脚-07秋編 9

0710_109 繁華街を離れT地区の入口に差し掛かる。

ここからは坂と階段で上に向かおうとしたが、私の猫アンテナが下に向かえと反応。

大人がすれ違えない程度の狭い路地の先に古いアパートがあり、そこには存在感たっぷりのチャトラシロがいました(^^)

この場所にはこの仔しか居ませんでしたが、この存在感に私の猫アンテナ反応したようです(^_^ゞ

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-07秋編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 10 »

コメント

ケンカでもしたのかなぁ、
歴戦の勇士っていう感じの毛並みな仔ですね。
ほんと存在感たっぷりで、番長猫ってとこっすかね。 (∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年11月16日 (金) 23時55分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
ホント歴戦の兵とゆう面構えで存在感たっぷりでした。
私、このような猫も大好きなのですが、なかなか撮影許可がでません(-_-#
この猫もここまででした。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年11月17日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-07秋編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 10 »