« 長崎猫写行脚-07秋編 29 | トップページ | 我慢代の行方 »

長崎猫写行脚-07秋編 最終回

0711_434 いよいよ今回の旅も終わりの時です。

帰路に着くため長崎駅へ、今回の旅は天候に恵まれた。

最終日の駅の構内からも秋晴の青い空が覗いている。

ホームでは、青い電車をバックにキジトラシロが凛々しい表情でお出迎え。

この後、ナデナデ・スリスリ別れの挨拶。

万感の想いで惜別し列車へと乗り込むのでした(T-T)

0711_436 【カメラ:F6_レンズ:Ai50mmF1.4S】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

1ヶ月以上に渡り「長崎猫写行脚-07秋編」にお付き合いいただき誠にありがとうございましたm(_ _)m

今回は特に地味な猫路地写真ばかりでしたが、

私は今をときめく「猫○」や「○っちゃん」のような華やかな猫たちより、

路地裏で今を生きる猫たちに魅力を感じてしまいます。

まだ写真はありますが、ここで今回の旅は終了させていただきます。

また長崎を訪れ続編をお届けできることをお約束いたします。

                              蔵人

|

« 長崎猫写行脚-07秋編 29 | トップページ | 我慢代の行方 »

コメント

1枚目は絶好のシャッターチャンスに恵まれたように思えます。この作品は鉄ちゃん達にも受けますよ!!僕もこの長崎秋編の中で一番好きなカットです!!

投稿: taka-fukuyama | 2007年12月 9日 (日) 21時38分

こんばんは。(^^)

お久しぶりでした。
(いつも拝見してまいりましたが、コメントは入れてませんでした。失礼しました。)
蔵人さんは地味と仰いますが、地に足の着いた確かなものを感じることができる写真ばかりだったと感じました。
ありがとうございました。
次回作を楽しみにお待ちしています。

投稿: ささ | 2007年12月 9日 (日) 22時38分

素敵な長崎の写真が見られて楽しかったっす、蔵人さん。
長崎がこんなに猫たちが歩いている街だとは知りませんでした。
オイラも機会があれば訪れてみたいですよ。
蔵人さんの写真を地味だとは思いません。
きちんと蔵人さんの目線が伝わってきますしね。
これからも楽しみにしています〜。

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年12月 9日 (日) 22時38分

takaさんこんばんは。
まさに絶好のシャッターチャンスでした!!
お褒めいただき恐縮ですm(_ _)m
が、ビミョーに前ピンになってしまいました(-_-#
修行がたりません。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月 9日 (日) 23時47分

さささんこんばんは。
私もさささんのブログは覗いてはいますが、
コメントは最近残していませんm(_ _)m
数多ある猫ブログのなかで、私の地味な猫路地写真に理解を頂く方々のコメントが励みになります。
これからも変わらず、猫路地写真に磨きを掛けていきたいと思いますので、
これからもよろしくお付き合いください。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月 9日 (日) 23時55分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
お楽しみいただき嬉しく感じます。
私も初めて訪れたときはこんなに広範囲に沢山の猫たちが闊歩している姿に驚きました。
長崎は、私にとって極楽浄土となりつつあります(^^)
関東からは大変かもしれませんが、ぜひ長崎訪れてください。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月10日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-07秋編 29 | トップページ | 我慢代の行方 »