« 長崎猫写行脚-07秋編 26 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 28 »

長崎猫写行脚-07秋編 27

0711_424 陽の当たる坂道から外れると、まだ影の部分が多いなか、僅かな朝陽をチャトラシロが浴びていた。

やはり太陽の活力を吸収しているのだろうか。

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-07秋編 26 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 28 »

コメント

じ〜っと、太陽のぬくもりを蓄えて
これから街を飛び回る準備をしているんすかね。 (∩.∩)
人間はお日さまがまぶしくて避けたくなる日もあったりしますけどね。
(二日酔いの時とか 笑)。

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年12月 5日 (水) 21時46分

猫は必要なことをすべて知っているのですね。

お日様をしっかり見据えて、日の光を栄養に変えて、今日を生きていく。

ちょっと宗教的な感じもする絵になっていますね。

投稿: はづき | 2007年12月 5日 (水) 23時45分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
1日の活力を蓄え、これから街を動き回るのかもしれませんね(^^)
夜勤明けの朝陽は目に染み入ります(=o=;;
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月 6日 (木) 23時10分

はづきさんこんばんは。
昔から、世界中で太陽信仰をする文化が多いですよネ
太陽を神とは思いませんが、生命の活力の源だと感じます。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月 6日 (木) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-07秋編 26 | トップページ | 長崎猫写行脚-07秋編 28 »