« 物欲は続く | トップページ | Ai Nikkor 28mm F2.8S »

更に物欲...

0711_688 昨日の記事では、古いレンズが・・・

と書いて、舌の根も乾かぬうちに大変恐縮ですが、

実は、もう1個レンズを購入しています(^_^ゞ

こちらは先月発表になったばかりの新品です、一般の方には馴染みの無い㈱コシナの展開するフォクトレンダーブランド「ULTRON 40mm F2 SLⅡ」です。

このレンズは、MFでありながらCPUが内蔵されているためF3やF6はもちろん、D40に装着してもそのまま使用できる便利なレンズなのです(^^)

「new Nikkor 28mm F3.5」と同時に試し撮り。

クロシロとクロが木の根元で佇んでいます、この2頭も顔なじみですがこれ以上は近寄れないので、少し離れての撮影にはこのくらいのレンズがちょうどよい感じでした。

あぁ~私の物欲は尽きることは無い(-_-#

【カメラ:F6_レンズ:ULTRON 40mm F2 SLⅡ】

|

« 物欲は続く | トップページ | Ai Nikkor 28mm F2.8S »

コメント

こんにちは
CPU内臓?のレンズとは、さっぱりです。
部長さんに会う度の後はお近くの猫たちですか。穏やかな冬景色ですね。
物欲は深すぎると困りモノですが、そこそこあることが元気に生きる糧にもなりますね。
何も欲しい物がなくなるのは活力が途絶える時かも・・・。
しかし、ほんとに欲しい物は手が届かないので、諦めるとして、他にそんなに欲しい物がない今日この頃です。アカン、ファイト自分。

投稿: hiroe | 2007年12月25日 (火) 11時17分

追伸:↑誤字多くてすいません。

メリー☆クリスマス

投稿: hiroe | 2007年12月25日 (火) 11時19分

hiroeさんこんばんは。
CPU内蔵というのは、交換レンズの中にレンズの情報(焦点距離、絞り、ピント合焦距離等)をカメラ本体に伝えるためのICチップが組み込まれているレンズなのですが、今のAFレンズにはすべてに内蔵されているはずです。
これにより、適正な露出で撮影できるようにカメラが動いてくれるのです、特にスピードライト(ストロボ)撮影の場面で重要な役割を果たします。
ようは、オートで綺麗に写すためのものです。
また、通常AFカメラはCPUが無いレンズは使えないのです。(一部使えるカメラがあります)
欲が無ければたしかに、神か仏ですね。
欲がないと頑張れないし、適度な欲は必要なことかもしれません。
行き過ぎると...
誤字脱字はPCに慣れると多くなります。
私は気にしませんが、執着する人もいるやもしれません。
私も気をつけます。
物覚えも悪くなったような...
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年12月25日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物欲は続く | トップページ | Ai Nikkor 28mm F2.8S »