« 暖かい | トップページ | よいこと »

50mmヲ偏愛ス

50mm 私は、50mmとゆう焦点距離が好きです。

引越しの荷解きついでに並べてみましたが、合計6個もありました。

私の所有するレンズで数が一番多く、一眼レフ用4個、レンジファインダー用が2個ありました。

Ai AF Nikkor 50mm F1.4D 以外は中古で購入したのですが、やはり多いか...

通常は、2個しか使っていないのですが、何かと理屈をつけて増やしてしまいました。

50mmは、距離感が人間の眼と同じとされていて、上手く使うとその場にいるような雰囲気のカットになりますが、それゆえ平凡な写真になり易く、思っている以上に使い方が難しと感じています。

また、私のように狭い路地ばかりを撮影していると、被写体との距離をとれない場面も多く、出番も減ってしまいます。

出番の少ない50mmですが、猫写の旅では必ず携行し、お気に入りのカットが数枚撮影されていて、頼もしい相棒なのです。

0711_351 【カメラ:F6_レンズ:Ai50mmF1.4S】

撮影_07年11月_長崎

|

« 暖かい | トップページ | よいこと »

コメント

僕も写真始めた時最初に買ったのがEF50mm F1.4 USM。何も知らない僕にカメラに精通した知り合いからレンズワークの基本を覚えるんだったら50mmから始めたら?と言われるままに買ったのを覚えています。今では猫を撮るようになってどうしてもズームに頼っちゃって50mm出番少ないです・・・

投稿: Taka-fukuyama | 2008年3月24日 (月) 20時01分

APS-C だと35mmくらいでしょうか?
やはり景色を撮るなら、それぐらいの広角がいいのでしょうか。
広角レンズ色々気になっているのですけどね。
なにやら最近、Zeissとかいう単語が頭をよぎるのですよ。
もう、怖くて怖くて。(笑)

投稿: H2_Ojaco | 2008年3月24日 (月) 20時13分

Takaさんこんばんは。
35mm判(フルサイズ)の一眼レフであれば、昔から焦点距離50mmF1.4のレンズが基本とされていますネ
使い方しだいで、広角とも、望遠とも表現が可能な50mmは確かにカメラの基本を学ぶにはうってつけのレンズとよく言われています。
私は50mmですが、撮影者の嗜好、被写体などで得意な焦点距離はそれぞれだと思います。
また、ズームレンズも性能は秀逸な玉も多いので単焦点でなければならない理由はないと思います。
私の場合は、不器用なため単焦点の方が性に合っているようです。
幸い私は、28・35・50mmがあればほとんどの撮影が可能ですので、高級ズームレンズ+ボディ1台と、レンズ3本でボディ2台を使用するのはさほど変わらないような気がしています。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年3月24日 (月) 23時12分

H2_Ojacoさんこんばんは。
ニコンDXフォーマットでは、35mmが52,5mmになり一番近いですよネ
通常ならば、景観を撮影するのは、広角~標準が適しているようです。
ですが、使い方によっては望遠系レンズでもHoshinoさんのように景観を上手く捉えている方々もいらっしゃいます。
Zeissですか、ちょっと沼が近づいていますね(笑)
私は今のところ一眼レフ用は、Ai Nikkorで満足していますが、レンジファインダーは底なしの沼が待ち受けている入口に立っています(^_^;
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年3月24日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かい | トップページ | よいこと »