« 周遊きっぷ九州の旅_4 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_6 »

周遊きっぷ九州の旅_5

10代の頃は縁遠く、ほとんど記憶に無い別府の歓楽街を散策する。

別府は確か戦火を免れているので、今でも狭い道路が点在していて、歓楽街は車が通れない路地も多い。

その狭い路地から更に、人がやっとすれ違えるほどしかない狭い路地に私の足は向かう。

建物の隙間にサバトラシロが、さっそく近寄るとまだ幼さが残っているようだ。

敷地を隔てるフェンスで対峙しながら撮影する0804__f6118

やや警戒しているようだ。

キジトラシロと別れ時刻は14時前、遅い昼食にすることにした。

表に一旦出ると、関さば・関あじ定食の文字が眼に飛びこんでくる。

私は、関さばが大好物だ、本マグロの大トロよりも、高級和牛のステーキよりも、断然関さばの活りの方が美味だと思っている。

定食は、半身の活りと後は何か2、3品有りましたが忘れました(苦笑)が、やはり関さばは美味でした、関さば最高!!

腹ごしらえも終わったところですが、ここで温泉に入ることに。

別府には、公営の温泉浴場が点在していて、入泉料は¥100-なのです。

私の住んでいた頃は、家風呂の無いのが普通で一般家庭の人々は、皆この公営の温泉浴場を利用していました。

当時、30回入浴券が¥500-とゆう破格の値段でしたが、今もそれほど高くはないようです。

歓楽街近くにある、竹瓦温泉に入る。

道後温泉ほどではないが、相当雰囲気のある建屋で、内部も実に渋い。0804__f6122

温泉は、相当な高温で、数分で肌が赤くなってくる。

半身浴と、全身浴、浴槽外を数回繰り返し、初日の疲れを取る。

別府に宿を取る手もあったのですが、この日は宮崎で宿泊することに。

温泉を出た後、もう少し別府を散策し、宮崎を目指すことにした。

つづく

【カメラ:F6_レンズ:AF35mmF2】

|

« 周遊きっぷ九州の旅_4 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_6 »

コメント

まるでポートレートを撮ってもらうように、ちょっとおすまししている表情ですね。

温泉…、いいなあ。

投稿: はづき | 2008年4月26日 (土) 22時16分

はづきさんこんばんは。
フェンスがあるのですが、見知らぬおっさんにチョット警戒気味です(^_^;
温泉はいいですヨ
心身共にリラックスできました(^^)
遠くでなくても沢山ありますし、いかがですか。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年4月27日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周遊きっぷ九州の旅_4 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_6 »