« ご近所さん_5 | トップページ | チリも積もれば。 »

ご近所さん_6

0803__f3018 引越した近所は名古屋駅からそれほど離れていないのですが、駅を挟んで繁華街の反対側にあるため結構古くからの住宅が多く見られます。

新しいマンションなどもありますが、古い民家や狭い路地も点在していて、当然そんな場所には猫たちが暮らしています。

【カメラ:F3_レンズ:Ai50mmF1.8】

|

« ご近所さん_5 | トップページ | チリも積もれば。 »

コメント

いいですねぇ、未だにこういう木枠の窓枠が残っている風景。
東京では下町の古い家屋にわずかに残っているだけで
どんどん、冷たい色のサッシに取って代わられています。
指定席に落ち着いている白猫くん、
一日のお決まりコースのひとつなんでしょうね。(∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年4月 3日 (木) 19時08分

確かに日本家屋に日本猫、ぴったりです。

まるでお供えのお餅みたいなコですね。

投稿: はづき | 2008年4月 3日 (木) 22時16分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
私がこの付近に引越した理由のひとつが、まだこういった街並みが残っている点です。
木枠の窓に佇む猫は、温か味を感じてしまいます。
この場所が落ち着く場所なのでしょうね(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年4月 3日 (木) 22時58分

はづきさんこんばんは。
目つきはシャープでしたが、体はホントにおもちみたいですよネ
この角度から見ると、木の台に乗っかっている鏡餅のようでした(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年4月 3日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご近所さん_5 | トップページ | チリも積もれば。 »