« 長崎猫写行脚-08春編 6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 8 »

長崎猫写行脚-08春編 7

墓地を抜け住宅が並ぶ地区へ、だいぶ陽も陰り撮影は難しい状態になってきた。

チャトラが坂を登って行く、ゴハンの時間だろうか。

どうしてもマンホールを入れてしまう私。0805__f6_064

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 8 »

コメント

マンホールと階段と路地、そして猫。
なるほど、かっこいい。
この猫のあと、つけてみたくなりますね。

投稿: H2_Ojaco | 2008年5月25日 (日) 21時14分

H2_Ojacoさんこんばんは。
ありがとうございますm(_ _)m
私、マンホールフェチかもしれません(^^;;
ファインダー内にマンホールが見えると必ずフレーミングしてしまいます。
このチャトラの後をつけようとしましたが、睨まれました。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月25日 (日) 23時11分

マンホールがキレイに構図のパーツになっていて
素敵な写真っすねぇ。
このマンホール、デザインもグーですし。
オイラもこんな後ろ姿をみたらついついついて行ってみたくなります。
でも、この仔にしてみれば「デッカイの!じゃまだぞ!」
って感じなのでしょうね。 (∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年5月26日 (月) 19時24分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
ありがとうございますm(_ _)m
マンホールのデザインって機能美ですかネ
使い込まれた感じもグ~です(^^)
着いていく前に、「ついてくるんじゃね~」と睨まれました。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月26日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 8 »