« 長崎猫写行脚-08春編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 10 »

長崎猫写行脚-08春編 9

このキジトラシロ、最初見かけたときは、階段上から老人の足元を着いて来ていて、この場所(十字路の角)で立ち止まり、ずっと階段の下を気にしていた。

この仔の撮影をしていると、たまたま通りがかりの人から伺ったのですが、最初の老人が飼主で、街に買物に出掛けているようで、この場所で帰ってくるまで待っているとのことでした。

結構懐っこかったのですが、常に階段下に注意を払っている感じがしたので、訳を知って感心しきり!!0805__f6_072

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 10 »

コメント

出かけていったお爺さんを待っているなんて
なんか童話に出てきそうな猫くんですねぇ。(∩.∩)
背景にもお地蔵さんがいて雰囲気たっぷりです。
日々こういうゆったりした時間が流れているのでしょうね。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年5月27日 (火) 21時08分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
忠猫として物語が出来そうですね(^^)
猫って、一般の人々が思っている以上に賢いと感じます。
長崎はご覧のように、雰囲気の良い路地が広範囲に点在しています。
そして、人々が暮らし、猫が棲んでいます(^^)
関東からは遠いですが、お勧めです。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月27日 (火) 21時51分

こんばんは
可愛いですね、ちょっと小ぶりな猫ちゃん。
飼主をじっと待ってるなんて、偉いよ。ワンコみたいですね。
ウチの姉が飼ってる猫の一匹が、姉にとても懐いてて、足元をつかず離れずで、いっしょに散歩ができるそうです。ビックリでしょ。

投稿: hiroe | 2008年5月28日 (水) 20時01分

hiroeさんこんばんは。
まるまるとして毛並は艶々、ホント可愛い仔でした(^^)
忠犬の話はよく聞きますが、忠猫はまれですよネ
リードを使っての散歩は時折見かけますが、リード無しって凄いです!!
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月28日 (水) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 8 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 10 »