« 長崎猫写行脚-08春編 5 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 7 »

長崎猫写行脚-08春編 6

太陽もずいぶん傾いてきた。

墓地を隔てる壁上でキジトラがお休み中。

半逆光のコンディションだったので露出を変えながら何枚か撮影したが、微妙なカットになってしまった。

一番アンダーに露出設定したカットも、ややオーバーか...

Photo

【カメラ:F3_レンズ:Ai50mmF1.4S】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 5 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 7 »

コメント

こんにちは
まだ子猫でしょうか、トラちゃん怖いところにいますねぇ。
平気なの? 相当高いけど、落ちない自身があるから大丈夫なんだろうか。
めまいがしそう・・・。
 
インスタントデジカメにも露出設定がついてますが、日当たりがよく明るすぎる時は落とすんですね、やっぱり。

投稿: hiroe | 2008年5月25日 (日) 10時45分

hiroeさんこんばんは。
小柄なのでまだ幼いのかもしれませんね(^^)
結構高いように見えますが、それほどでもなかったような...
猫が落っこちても大丈夫な高さだったのは間違いありません。
今のデジカメはほとんど露出補正の機能がありますよネ
画面を見ながら補正できるのでホント便利です。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月25日 (日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 5 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 7 »