« 周遊きっぷ九州の旅_10 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_12 »

周遊きっぷ九州の旅_11

風呂から宿の部屋に戻った。

宿は普通と少し違う、外はブロックのようでしたが、内部は無機質名コンクリートで、私の宿泊した部屋は約3畳ほどだろうか、部屋には小型のテレビのほかは、一組の布団のみである。

部屋の中には洗面台が備えつけてある。

どうやら、病院を改装しているように感じられる。

0804__f6236 0804__f6235

クーラーは設置されていたが、今回は必要なかった。

建屋は少し古いが、かなり綺麗にしてあり清潔感があり、宿泊のみであれば、かなり満足できる宿だ。

日付が変わる前に就寝し、翌朝に備える。

翌日、7時前に一旦宿出て朝の散策。

早速、繁華街で個性的な顔のクロシロと出逢う。0804__f6172

つづく

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 周遊きっぷ九州の旅_10 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_12 »

コメント

確かに、洗面所や、部屋の雰囲気はもと病院っていう感じがしますね。
コワガリな自分は、眠れないだろうなぁ・・・。( ̄▽ ̄;)

早朝の猫くん、猫道を通って朝食をとりにいく途中だったのですかね、
レンズを見て、さてどうするかなぁ・・・っていう表情ですかね。 (∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年5月 4日 (日) 22時07分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
とっても病院って感じでした(^^)
恐がりな人は、とっても恐いかもしれませんネ
私は霊感ゼロなので、熟睡していました。
このクロシロ、パトロール中(朝ご飯かもしれませんが)のようで、この付近で3度逢いました。
この顔は忘れられません(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年5月 5日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周遊きっぷ九州の旅_10 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_12 »