« 周遊きっぷ九州の旅_8 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_10 »

周遊きっぷ九州の旅_9

Photo 0804__f6154 0804__f6156 0804__f6160

「はやとの風号」と「しんぺい号」は、山間部を通る肥薩線を走っている。

海側の九州新幹線と同じ鹿児島中央駅~八代間なのだが、あちらが速さを売りにしているのに対して、こちらはスイッチバックやループ式の遅さを売りにしています。

列車も、キハ47形のディーゼル車両で通常はローカルの普通列車です。

もちろんこの車両は、観光列車を売りにしていますので、内装や外装に改良を加えています。

列車は、ディーゼル特有の音と振動をたてながら霧島連山の雄大な景観を車窓に、途中100年以上前の駅舎の残る数箇所の駅に停車(サービスで5分間停車する駅もあり)しながら、のんびりと人吉駅へと到着。

この後、「九州横断特急8号」に乗り継ぎ豊肥本線を熊本から大分へ文字どうり横断、再び別府へと向かうことしました。

つづく

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 周遊きっぷ九州の旅_8 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周遊きっぷ九州の旅_8 | トップページ | 周遊きっぷ九州の旅_10 »