« 長崎猫写行脚-08春編 33 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 35 »

長崎猫写行脚-08春編 34

階段坂を下り街に戻る途中またミケに出逢った。

今回はホントに三毛猫によく出逢う。

0805__fs087

【カメラ:F3_レンズ:Ai50mmF1.4S】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 33 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 35 »

コメント

おおこれはまためずらしい!
参道の途中ですかね?
鳥居がこうやって重なってあるのってあまり見かけないのですが。
ミケちゃんたちは同じ血筋の仔たちなのかもですね。
でもそれぞれの写真で猫たちは何だかゆったりと生きているようで
時間のゆったり感があっていいです。(∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年6月29日 (日) 23時53分

赤い鳥居に三毛猫は、日本的情緒がありますね。

たしかにどのコも、きれいでぎすぎすしていなくて、見ていても、こちらもほっとしますね。

投稿: はづき | 2008年6月30日 (月) 00時24分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
この階段の上には神社がありました。
伏見稲荷の千本鳥居は有名ですが、こんな感じの鳥居は珍しいかも知れませんよネ
猫たちにはゆったりした時の流れを感じずにはいられません(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月30日 (月) 23時23分

はづきさんこんばんは。
石造りではなく、朱色の鳥居は魅力的に感じます。
そこに、三毛猫!!
艶を感じるのは、私だけでしょうか!?
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月30日 (月) 23時27分

いい位置に三毛猫が来ましたね〜
うちの茶々に似…(以下略)
はっきりした三毛柄って少ないですよね、
縞の遺伝子って結構強く出るそうなので。

投稿: HARADA | 2008年7月 2日 (水) 00時05分

HARADAさんこんばんは。
良いタイミングでミケに出逢えました。
茶々ちゃんは立派な大人になりましたね(^^)
三毛猫フェチの私としては、バランスの良い三毛猫に出逢うと嬉しいです。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年7月 2日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 33 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 35 »