« 長崎猫写行脚-08春編 25 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 27 »

長崎猫写行脚-08春編 26

キジトラとシロクロの兄弟と別れ街へ出る。

朝訪れた商店街とはまた違う商店街へとたどり着いた。

ここは結構店舗もあり、夕方の買い物客で賑わっている。

果物屋の角で、キジトラシロが2頭佇んでいた、

早速「にゃー」と挨拶するが、一瞥をくれただけで返事はなし。

こちらの大きい方は親だろうか、兄だろうか、それほど警戒はしていないようだ、人差し指を差し出すと一応クンクンと鼻をよせてくれた。

買い物客もあり、あまり迷惑にならないように手早く撮影、まだ陽は完全には落ちていない、撮影は可能なのだが、この日は2日目、あと1日半残っている、今日も良く歩いた、残りの撮影に備えこの日の撮影は切り上げることに、このカットがこの日での最後のカットとなった。

0805__fs069

【カメラ:F3_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 25 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 27 »

コメント

店の側でいつもの時間通りにこの場所にいて
いつものように自分たちのお気に入りの風景、人並みを眺めて・・・。
猫くんたちの毎日の日課なのでしょうねぇ。(∩.∩)
撮影旅行をしていると、その日の締めくくりの1枚を何にしようかなぁ〜・・・
なんてことをたまに考えて撮るのも楽しいですよね。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年6月18日 (水) 01時13分

こんばんは
猫ちゃん首輪してるね。
ここの八百屋の飼猫ですよね。
座ってるその箱、ゆり根だって、そっちも気になってて・・・。
ゆり根の入った茶碗蒸し、京都の飛龍子(ひろうす)別名ガンモドキ、
大好きなんです。
思いっきり話題がそれてますね。

投稿: hiroe | 2008年6月18日 (水) 19時23分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
この場所でいつも通り街を行きかう人々を眺めているのでしょうネ
いつもと同じようで、違う情景を楽しんでいるのでしょうか。
やはり、撮影の括りは手応えのある撮影が気分も良いです。
銀塩の場合、現像待ちのあいだ期待と不安が入り乱れますが、それも銀塩の醍醐味の一つです(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月19日 (木) 22時29分

hiroeさんこんばんは。
この果物店の招き猫のようでした(^^)
ゆり根の入った茶碗蒸しですか!?
どんな味がするのか想像できませんが、私茶碗蒸しは好物です。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月19日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 25 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 27 »