« 長崎猫写行脚-08春編 20 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 22 »

長崎猫写行脚-08春編 21

キジトラシロと別れ、そろそろホテルに戻って午前中の撮影を切り上げるころだ。

階段坂を下り、路面電車の駅近くまでくると、そこには本当にこじんまりとした商店街がある。

ここでも再会を果たした猫が!!

昨年のGW

しかし熟睡中、起こさないようにそっと撮影した。

0805__f6_175

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 20 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 22 »

コメント

昨日のコといい、今日のミケさんといい、しあわせそうに寝てますね~。

リンクをはってもらえると、昨年のことを思い出します。母ネコはお留守だったのかな?
猫さんたちも健やかで、よかった。

蔵人さんが、毎年同じコに出会えるというのも素晴らしいけれど、その幸せのお裾分けにこのブログで預かれるのもうれしいことです。

投稿: はづき | 2008年6月12日 (木) 22時44分

はづきさんこんばんは。
やはり、猫は寝子と言うぐらいですからよく寝ています。
人間が思うほど外猫たちの生活は楽ではないのかもしれませんが、寝顔を見ているととても幸せそうで、見ているこちらまで幸せな気分になります。
もともと、ブログを立上げた動機の一つが、「未熟ですが私の撮影した情景を私だけで埋もれさせるのは...」と考えてのことです。
ご覧いただける方々が少しでも楽しんで頂けることは、私とっても嬉しい限りですm(_ _)m
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月13日 (金) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 20 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 22 »