« 長崎猫写行脚-08春編 16 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 18 »

長崎猫写行脚-08春編 17

更に、更に階段坂を登る。

頂上付近には観光スポットの入口が、

ここにも猫、キジトラシロが佇む。

0805__f6_135

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 16 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 18 »

コメント

長崎では、要所要所で守り神のように猫たちがそこにいて。
路地もたくさんあるでしょうから、それぞれの集団が
バッティングしないように上手に生活しているのでしょうね。(∩.∩)
それにしてもこの毛模様の仔が多いですね〜。
多分、大元のお父さんかお母さんがこの柄なんだろうなぁ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年6月 5日 (木) 22時13分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
長崎は、車の通れない路地が随所に見られ、
また、他の地域に見られるヒステリックなまでに猫を嫌う人も、ほとんどいないのではないかと感じます。
外で暮らす猫たちの現実は厳しいかとは思いますが、多くの地域に比べると幸せそうに見えました。
地域によって多い模様ってありますが、その昔の大ボスの遺伝ではないかと想像してしまいますよネ
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月 5日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 16 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 18 »