« 長崎猫写行脚-08春編 44 | トップページ | 今回の機材 »

長崎猫写行脚-08春編 最終回

3泊4日の旅もいよいよ帰路に着く時間が近づいてきた。

今回新しく見つけた場所で出逢ったチャトラの写真が、最後の撮影となった。

0805__f6_395 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

おわりに

今回の旅で再会を果たした猫、再会出来なかった猫、新しく出逢った猫と、

恐らく出逢った猫の数は100頭を軽く越えているはずで、

撮影ができブログで紹介できたのはほんの一握りの猫たちです。

それでも45回のロングランとなったのは、いかに長崎が猫写に適した街とゆうことを再確認することができました。

私の撮影した写真は、ドラマティックでもなければ、ポストカードのように美しくも可愛らしくもないですが、私が感じた長崎の街と猫達がそのままの雰囲気で感じて頂けたのであれば嬉しいかぎりです。

最後になりましたが、長々とお付き合い頂いた皆様と、

長崎の猫達、そして寛容に見守られている長崎市民に感謝を申し上げます。

以上

|

« 長崎猫写行脚-08春編 44 | トップページ | 今回の機材 »

コメント

長崎シリーズ、たくさん素敵な写真を見せていただきました。
ありがとうございます。
自分は蔵人さんの自然体な目線での写真が大好きであります。
街に溶け込むように・・・時には逃げるように生活する
たくさんの猫くんたちがこれからも長崎の街にいてくれますように〜。 (∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月14日 (月) 19時28分

こんばんは
長編の長崎猫写、楽しませていただきました。
最後の猫ちゃんは、随分寒そうに丸まってますが、大丈夫かな?
なんか、辛そうに感じます。 
暑さも寒さも外で凌ぐノラちゃん達に、どうか穏やかな生活が続きますように・・・。

投稿: hiroe | 2008年7月14日 (月) 20時33分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
こちらこそいつもコメント、ありがとうございます。
そうですね、私の撮影スタイルは「自然体」なのかもしれません。
私の見た情景を、見てくださる皆様が実際にその場で見ている錯覚に陥るような写真を目指しています。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年7月14日 (月) 21時57分

hiroeさんこんばんは。
日向でのんびり寛いでいるのも、人の足元で懐いているのも、枯草の上で丸まっているのも全てその時のその猫の偽ざる姿です。
願わくは、長崎の街と人々が猫達に寛容であり続けて欲しいと...
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年7月14日 (月) 22時11分

長崎シリーズ、毎回楽しく拝見させていただきました。

ありがとうございました。

長崎という街に、一度は出かけてみたい…前回以上にそんな気持ちになりました。しかし、出不精な私いつになることやら。

最後の茶トラは、木の葉の中の落とし物のように同化していますね。ちょっとお年寄りかしらん。晩年のうちの母ネコみたいな感じです。
看板の後ろでしょうか?隠れるようにいるところも、野良出身のそのコに似ています。

さて、お留守番だった、黒猫さんのご機嫌はいかがでしたか?

暑くなって、名古屋近辺での猫写はつらい時期でしょうか。

投稿: はづき | 2008年7月15日 (火) 01時31分

はづきさんこんばんは。
こちらこそいつもコメントありがとうございますm(_ _)m
このチャトラ、体形から推測すると確かに高齢なのかもしれません。
一応、私からは挨拶しましたので、私には気付いているのですが、この場所が落ち着くようです。
うちの仔ですが、いつも通りおとなしく(多分)留守番していたようでしたので、いつもはカリカリなのですが帰宅したときには、猫缶をあげてます。
最近暑さが厳しくなってきましたね。
名古屋に転居してからは、朝行動出来るので暑さを避けて猫写しています。
日中は猫達も避難していますし。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年7月15日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 44 | トップページ | 今回の機材 »