« 長崎猫写行脚-08春編 36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 38 »

長崎猫写行脚-08春編 37

夜の喧騒な繁華街を散策する。

狭い路地に入ると突然人影がなくなり、ミケらしい仔と出逢う。

「にゃー」と挨拶したが、繁華街の猫は警戒心が強いことが多い。

この仔もやはり警戒しているようだ。

0805__f6_430

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08春編 36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 38 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08春編 38 »