« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

失敗写真。

0806_klasse_002_2 KLASSE Sはやはり猫写不得意です。

特に動く猫は...

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年05月_名古屋某所

| | コメント (2)

今週は残業多そう。

0806_klasse_073 今週は残業が多そうです。

ストレスが溜まると物欲が刺激されてしまうなぁ~

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年06月_名古屋某所

※写真と本文関連なし

| | コメント (2)

かるく、ヤバイ!

先日発売されたばかりの「ニコン D700」を某量販店で触ってきた。

カメラ本体は、私が現在メインで使用している「ニコン F6」と重さ・大きさがほぼ同じで、造りもニコンらしいしっかりとした造りでシャッターを切ると上級機らしい感触。

着いていたレンズがVR24-120だったので若干ファインダーが暗めに感じたのですが、F1.4~2クラスのレンズを装着すれば明るくてピントの山も掴みやすそうでした。

暫らく、デジイチ導入は見送りと決め込んでいた私ですが、チョット クラクラときました。

でも実売30万円強では、さすがにまだまだ静観できるかも。

FXフォーマットで機能を絞って(できればMF専用機)実売15~20万円程度だったら衝動買いしてしまいそう。

エプソンでRD2だったら即買いかも...

フジでKLASSE Dなんかでも面白いと思いますが、ありえないか!

0806_klasse_039

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年06月_名古屋某所

※写真と本文関連なし

| | コメント (2)

しかし

暑い!!

そんなこと言うな、余計に暑くなる!!

と思われるかもしませんが、これしか言葉が出てきません。

名古屋の今日の最高気温は、36.6℃だったようだ。

しかも、今日は仕事でした...

0806_klasse_034

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年06月_名古屋某所

※写真と本文関連なし

| | コメント (2)

土用丑の日

今日は「土用丑の日」らしい。

産地偽装などの問題で賑やかですが、日本人の多くは鰻の蒲焼が好きである。

私も、もちろん大好きなのですが、最近年齢のせいか1尾が乗った丼や重は結構辛くなってきました。

先日の土曜日に、名古屋の老舗らしき店で鰻丼を食べましたが、結構くるしかった...

そろそろ白焼きに変わる年頃かもしれません。

皆様も、暑さ厳しい折、体調など崩さぬようご自愛ください。

0805__bessa008 カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON 50mmF1.5】

撮影_08年05月_名古屋某所

※写真と本文関連なし

| | コメント (0)

KLASSEでモノクロ

KLASSE Sは色のりもよく、リバーサルフイルムで風景などの撮影に向いている感じがする。

私の主な被写体となる、「猫路地」には綺麗で鮮やか過ぎて向いていないかもしれない、試しにモノクロで撮影してみました。

ところで、モノクロのプリントされた作品をご覧になられたことがある方もいるとは思いますが、私は前々から写真展等でモノクロ作品を見るたびに、

「モノクロっていいな~」って感じております。

1週間ほど前も写真展でモノクロ作品があり、その作品は恐らくデジタルカメラで撮影されていたと思うのですが、「やっぱプリントされたモノクロ作品っていい!!」と見入りました。

本来モノクロは、撮影、現像から焼付けまで自分で行なうのが良いのかもしれませんが、今は仕事も忙しので(言い訳ですが)ポジで精一杯で、モノクロは時折撮影のみにしています。

この先、時間ができたら挑戦したいと思う昨今です。

デジタルもよいかも...

0806_krasse_bw036 【カメラ:KLASSE S】

※撮影_08年06月_名古屋某所

| | コメント (4)

ますます、フィルムへ

GW前のことですが、またもやカメラを購入してしまった!!

今回はコンパクトカメラ、それも銀塩です。

現在新品で販売されている銀塩カメラは数えるほど、寂しい現状ですが、

銀塩愛好家の私としては、孤軍奮闘しているフィルムメーカ「フジフイルム」を応援する気持ちを込めて購入したカメラは、KLASSE Sです。

KLASSには、38mmF2.8レンズのKLASS Sと28mmF2.8レンズのKLASSE Wの2種類あります。

通常は広角の28mmが人気だと思いますが、最近35mmを好んで使う私は38mmのKLASSE Sを購入してしまいました。

てな訳で、早速試写。

軽量コンパクトでレンズは一眼レフのレンズと同等の性能持っているのですが、やはり猫写は苦手かも...

0806_klasse_031

【カメラ:KLASSE S】

| | コメント (0)

時は流れる

引越ししてきた地域は、古いアパートがまだ残っている。

昨年のN地区の猫も徒歩で20分も掛からない場所にあった。

丁度昨年の今頃キジトラ母仔を撮影したアパートだ。

先回2週連続で撮影に赴いたのは、心に引っかかる物があったからだ。

そう、最近経済好調のこの東海地区では古いアパートの建替えが目に付いていたからで、

悪い予感は当たり、その後定かではないが3週間ほど後に訪れた時には更地になっていた。

このアパートは名古屋で好きな場所だったのですが、今は駐車場となってしまった。

※写真は06年撮影

Image17

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

夏本番!!

0805__bessa007 東海地方も梅雨明けし、学生は夏休み、いよいよ夏本番!!

しかし暑いです!!

名古屋の夏は暑い!!

朝7時過ぎの段階で30℃ぐらいです。

こんな暑い日の日中に外で撮影するのは自殺行為です!!

ピントも構図も合ってない失敗写真ですが、暑さに免じてご容赦ください。

【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON 50mmF1.5】

撮影_08年05月_名古屋某所

| | コメント (0)

Ai Nikkor 35mm F2

Ai35mmf2 最近は好んで35mmの焦点距離のレンズを使用しています。

以前は28mmを好んで使用していましたが、ここ1年ぐらいは35mmを使っての撮影が増えています。

以前にも書きましたが、35mmは人間の視覚に一番近いと感じます。

Ai Nikkor 35mm F2 は1977年発売なので、約30年ほど前のレンズでもちろんマニュアルフォーカス、5年ほど前に中古で購入しました。

AF Nikkor 35mm F2Dも所有しているのですが、最近はF6にもこちら着けることが多くなってきました。

私の場合、MFレンズの銅鏡を左手で操作し、グリスの粘度を感じながらピントを合わせるのが好みなようです。

って、そろそろ銅鏡のグリス切れかかって、スカスカになってきた、ニコンのサービスセンターにもっていかなきゃ!!

0805__f6_025

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影_08年05月_名古屋某所

| | コメント (2)

飛んでいるかな!?

0805__f6_008 GW後に近所を散策していた時に、神社の境内で追いかけっこをしていたキジトラ。

全力に近い猫はこんな感じなのですネ。

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影_08年05月_名古屋某所

| | コメント (4)

やっぱり...

Photo 今回の長崎で撮影した15本のフイルムのうちの1本です。

3日目朝の最初に撮影したフイルムで、右上から順になりますが、

36枚中、横位置が僅か3カット、

「やはり私はタテ位置が多い」

| | コメント (2)

今回の機材

Photo 多くの皆様は興味ゼロかもしれませんが、今回私が使用した機材の紹介をいたします。

・左:Nikon F3HP+Ai Nikkor 50mm F1.4S

・右:Nikon F6+Ai Nikkor 35mm F2

・中央:AiAF Nikkor 28mm F2.8D

以上、カメラ2台レンズ3本になります。

・使用フイルム:フジフイルムプロビア100F、ベルビア100F、プロビア400X

今回の撮影は、ほとんどF6+35mmで行いました。

ニコンの最強AF銀塩カメラF6なのですが、今回はMFレンズを好んで使用、75%以上はこの組合せで撮影したと思います。

フイルムも、プロビア100Fがほとんどです。

機材はなるべくシンプルにしたいのですが、遠出の猫写のときにはこれ以上絞る勇気がありません。

某写真家も、カメラ本体2台に単焦点レンズ3本が基本と言っておられましたっけ。

F3との付き合いは、中古で購入ですがもう5年ほどになりました、今春O/Hもすまし、まだまだ現役です。

F6は新古品で購入して丁度2年、ようやく手に馴染んできたようです、これから5年以上は私のメインカメラとして活躍するのではないでしょうか。

今や、デジタルvs銀塩の優劣を争う議論は無用の時代になりましたが、私の場合まだ銀塩の方が肌に合うといった感じでしょうか。

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08春編 最終回

3泊4日の旅もいよいよ帰路に着く時間が近づいてきた。

今回新しく見つけた場所で出逢ったチャトラの写真が、最後の撮影となった。

0805__f6_395 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

おわりに

今回の旅で再会を果たした猫、再会出来なかった猫、新しく出逢った猫と、

恐らく出逢った猫の数は100頭を軽く越えているはずで、

撮影ができブログで紹介できたのはほんの一握りの猫たちです。

それでも45回のロングランとなったのは、いかに長崎が猫写に適した街とゆうことを再確認することができました。

私の撮影した写真は、ドラマティックでもなければ、ポストカードのように美しくも可愛らしくもないですが、私が感じた長崎の街と猫達がそのままの雰囲気で感じて頂けたのであれば嬉しいかぎりです。

最後になりましたが、長々とお付き合い頂いた皆様と、

長崎の猫達、そして寛容に見守られている長崎市民に感謝を申し上げます。

以上

| | コメント (6)

長崎猫写行脚-08春編 44

このチャトラ、私を憶えているかどうかは定かではないのだが、

相当懐っこい、ゴロゴロ・スリスリ・ゴツゴツ前回もまともに撮影できなかったが、

今回も同じでした。

0805__f6_352 

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08春編 43

始めての出逢いがあれば、再会もあった。

このソックスのチャトラは昨秋も出逢った仔だ。

昨秋

かなり懐っこい。0805__f6_355

【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08春編 42

「にゃー」と挨拶をすると、初めやや不思議そうにこちらの様子を窺っていた3頭ですが、そのち手前にいたキジトラはこちらまで来てもらえました。

私に、背中を向けて撫でろと要求!!

暫らくご好意に甘えナデナデしていたのですが、この仔の尻尾4箇所で折れ曲がっていることに気付きました。

尻尾の先っぽがくの字に1ヶ所曲がっている仔は珍しくないのですが、この仔は4箇所でくの字に曲がっています。

0805__f6_338

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08春編 41

長崎を訪れる度に、この地域を散策しているのだが、僅かな時間の違いで出逢う猫たちの顔ぶれが違ってくる。

ここでも、新たに出逢った猫たちが!!

0805__f6_327 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08春編 40

ゆっくり近寄っても、我関せず!

0805__f6_330

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08春編 39

3泊4日の長崎猫写旅もいよいよ最終日の朝が明けた。

この日も7時頃に街へ出掛ける。

路地の角を曲がると当たり前のように猫たちが佇む街長崎である。

早速この日の初猫に出逢った。

222

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08春編 38

夜の長崎の街をカメラを片手に徘徊する。

昼間と違った夜の長崎の街はまた違った趣が感じられる。

36枚撮りのフイルムを撮り切った場面でこの日の撮影を終了した。

やはり手ブレ、被写体ブレ、ピンボケ、露出失敗のオンパレード、

夜の撮影は難しい。

0805__f6_400

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08春編 37

夜の喧騒な繁華街を散策する。

狭い路地に入ると突然人影がなくなり、ミケらしい仔と出逢う。

「にゃー」と挨拶したが、繁華街の猫は警戒心が強いことが多い。

この仔もやはり警戒しているようだ。

0805__f6_430

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08春編 36

再びホテルに戻りしばし休息を取る。

三度街へ向かったのは19時を過ぎたころっだたろうか、

九州西端の長崎も辺りはすっかり暗い。

無謀にも夜の長崎猫の撮影を試みる、

フイルムをISO400に詰め替え更に1段増感したが、

シャッタースピードは1/2~1/8秒ぐらいの場面が多い。

0805__f6_413

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08春編 35

3日目朝の散策を終え、一旦ホテルで仮眠を取った後再び街へと向かう。

路面電車で揺られ爆心地近くへと赴く。

長崎で忘れてはならないのは、世界でたった2ヶ所の核兵器被害にあった都市であるとゆうことだ。

ヒロシマのドームのようにシンボリックな遺産は残っていないのですが、あちらこちらで影を見ることができる。

私は、この地が生き物に寛容なのはこの件が関連していると感じています。

この地域ではあまり猫を見かけなかったのですが、帰り際民家前でチャトラが佇んでいた。0805__f6_260

0805__f6_284 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (4)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »