« 長崎猫写行脚-08春編 最終回 | トップページ | やっぱり... »

今回の機材

Photo 多くの皆様は興味ゼロかもしれませんが、今回私が使用した機材の紹介をいたします。

・左:Nikon F3HP+Ai Nikkor 50mm F1.4S

・右:Nikon F6+Ai Nikkor 35mm F2

・中央:AiAF Nikkor 28mm F2.8D

以上、カメラ2台レンズ3本になります。

・使用フイルム:フジフイルムプロビア100F、ベルビア100F、プロビア400X

今回の撮影は、ほとんどF6+35mmで行いました。

ニコンの最強AF銀塩カメラF6なのですが、今回はMFレンズを好んで使用、75%以上はこの組合せで撮影したと思います。

フイルムも、プロビア100Fがほとんどです。

機材はなるべくシンプルにしたいのですが、遠出の猫写のときにはこれ以上絞る勇気がありません。

某写真家も、カメラ本体2台に単焦点レンズ3本が基本と言っておられましたっけ。

F3との付き合いは、中古で購入ですがもう5年ほどになりました、今春O/Hもすまし、まだまだ現役です。

F6は新古品で購入して丁度2年、ようやく手に馴染んできたようです、これから5年以上は私のメインカメラとして活躍するのではないでしょうか。

今や、デジタルvs銀塩の優劣を争う議論は無用の時代になりましたが、私の場合まだ銀塩の方が肌に合うといった感じでしょうか。

|

« 長崎猫写行脚-08春編 最終回 | トップページ | やっぱり... »

コメント

機材を絞りに絞っても、猫撮影のように
街を探索しながら撮影の場合、
これからの季節はずっしりと重さを感じますよねぇ・・・。
F3、存在感のあるカメラですよね。(∩.∩)
手に馴染んで、更に使いこなして・・・
銀塩機ならではの感触だなぁ・・・っと思います。
長崎は標準領域近くのレンズ3本だったのですね?
人慣れしている猫くんたちだと35mmや50mmで
じっくり向き合って撮るのも楽しいですよねぇ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月17日 (木) 19時07分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
これからの季節、外を歩くだけで汗が噴出してしまいます。
F3、もう30年ほど前の発売ですが、今中古市場で一番多いカメラではないかと思います。
お店の方に聞くと、ニコンのMFカメラ・レンズは安定して動いている、とのことで、
私を含め、現役で活躍しているF3はまだまだ多いようです(^^)
長崎に限らず、私はほとんどの撮影は、28・35・50mmの単焦点で行っています。
望遠系のレンズはどうも私には使いこなせませんし、F2.8以下になると値段も重さもカメラ本体より凄くなってしまいます。
私の場合、基本的に被写体となる猫に、私の存在を知らせての撮影なので、このくらいの焦点距離が合っているようです。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年7月17日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08春編 最終回 | トップページ | やっぱり... »