« FM3aの露出計 | トップページ | 猫ちぐら 東風庵(こうちあん) »

FM3aで猫写の初期時代

01年にFM3aを購入して、その後名古屋や旅先でのスナップを中心に撮影していて、自分なりにまぁまぁの写真が撮れるようになってきたと勘違いするようになったのは2年ほど経た頃でしょうか、フイルムもネガからリバーサルへと変更した頃です。

その頃は、岩合光昭さんの影響を強く受け日本各地の猫を求めて旅を始めたころで、ある時、京都の猫を撮影しようと立寄った代表的な街並みですが、京都は意外と猫を見かけることが少ない街で京都らしいカットはごく少数しか残っていません。

その日見かけた少数の猫ですが、警戒心が強めで撮影はあまりうまくいかなかったのですが、空地の壁の間を出入りする猫たちを見かけ隙間から覗くと壁の向こうには5頭ほどの猫たちがいて、この時間ゴハンの人を待っている様子でした。

その日、数カット撮影してその場を後にしたのですが、現像を終えたフイルムを見てどれも満足できず、数週間後に再度京都に赴き撮りなおしました。

結局撮りなおしもイメージとは少々ずれていましたが、三度撮りなおしに行くことはなく、その後1・2年後にその場所へ行くと既に新たな建物が建っていました。

思えば、この頃から猫写中心に撮影をするようになってきた頃です。

今ならもう少し粘ると思いますが、良いカットが撮影できるかは判らないですけど...

Image3 【カメラ:FM3a_レンズ:Ai45mmF2.8P】

撮影地_京都

|

« FM3aの露出計 | トップページ | 猫ちぐら 東風庵(こうちあん) »

コメント

何だか猫たちの「なんだなんだ?」っていう雰囲気も感じられるし、猫たちの表情もいいし、自分は好きな1枚です。(∩.∩)
猫たちは好きに街を闊歩しているように見えて、その実、人間たちが落ち着き無く変えていく街の造作に戸惑っているんじゃ・・・なんて思う事もあります。都度都度の猫との出会い、大事にしたいですよね。
写真展が落ち着いたらまた蔵人さんの新たな旅シリーズも楽しませてくださいね〜。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年10月27日 (月) 18時34分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
ありがとうございます(^^)
場面的には良い場面に恵まれたのですが、
この頃ポジの使用を始めたばかりで、
しかも、今よりさらにフイルムをケチって撮影していました。
今も昔も街並みは刻々と変化しているのには変わりないのでしょうが、その変化するスピードと弱者を受け入れる奥深さまでもが変化していると感じます。
そうですね、写真展が終了して落ち着いたら猫写行脚アップしていける予定です(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年10月27日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FM3aの露出計 | トップページ | 猫ちぐら 東風庵(こうちあん) »