« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ポストカードですが

今回のイベントで販売をするポストカード、星野さんにご尽力いただきいろいろテストはしたのですが、私の所有する「EPSON 」の顔料インクプリンターでも市販のポストカードと遜色ないことが判明。

(購入して2年ぐらい経っていますが、純正のペーパーで最高画質でプリントしたことがありませんで、まさに猫に小判状態でした)

コスト、品質、販売数などなど色々と総合的に判断して、結局自宅のプリンターで少枚数づつ10カット程度プリントすることにいたしました。

ですが、展示する写真はほぼ選定終了しましたが、ポストカード用はなかなか選定が進みません。

とりあえず、「神島の猫」で好評だったこのカットは決まっていますが...

Photo

【カメラ:F6_レンズ:AF18-35mmF3.5-4.5D】

撮影_06年_三重県神島

| | コメント (4)

それぞれの猫写

今回の4人展での皆さんを私なりに表現すると、

「哀愁の猫」の中川さん

「孤高の猫」の星野さん

「愛情の猫」の原田さん

でしょうか。

私はと、考えて見ましたが、良い表現が見当たりませんでした...

星野さんも表現していらっしゃいますので 「WANGAN NEKO」 をご覧ください。

0810__klasse_090

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (8)

カルテット

今回の4人展、それぞれがベースには同じものが流れながら、それぞれ違う表現で、それぞれの物語を綴り、それぞれの個性が溶け合って一つの調べを奏でる。

そんなカルテットのような心地よい空間になれば、わざわざ脚を運んでくださる皆様に満足頂けるのではないでしょうか。

少し志が高いかもしれませんが、そういった展示会になれば良いな~、なんて思っています。

私だけ外すかもしれませんが...

0807__f6_5014__037

【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

撮影_08年08月_名古屋

| | コメント (4)

猫ちぐら 東風庵(こうちあん)

いよいよあと4週間後に迫ってまいりました。

「猫ちぐら 東風庵」の杮落とし企画写真展、 「命を見守る4人の瞳」

08年11月22(土)23(日)24(祝)に岐阜県多治見市オリベストリートにて開催です。

中川さんから ポスター がメールされてきました。

それから中川さん、クイズ伸介くんという番組に出演予定のこと、

本日ロケがあったようで、ギャラリーも紹介されるみたいです。

(関西エリアは11月3日放送 名古屋は11月10日予定?)

着々と事態は進行しているようです。

私はとゆうと、展示するカットの選定をほぼ終え今週中にプリント依頼する計画です。

今回は、瀬戸での「神島の猫」とは違い全編レンジファインダーカメラを使い名古屋市内で、もちろんフイルムで撮影した、落ち着いた雰囲気のカットをメインにしています。

ウェブで未公開のカットの方がやや多い予定にしておりますので、お越しいただける方はお楽しみに。

追記:今回もフイルムを見直していて発掘したカットが出てきました↓

今回ポスター用に送った4カットでこのカットが採用となりました。

撮影当初は気に留めなかったカットが数年後に良い写真に見えてくるから不思議です。

_13 【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON50mmF1.5】

撮影_05年_名古屋

| | コメント (2)

FM3aで猫写の初期時代

01年にFM3aを購入して、その後名古屋や旅先でのスナップを中心に撮影していて、自分なりにまぁまぁの写真が撮れるようになってきたと勘違いするようになったのは2年ほど経た頃でしょうか、フイルムもネガからリバーサルへと変更した頃です。

その頃は、岩合光昭さんの影響を強く受け日本各地の猫を求めて旅を始めたころで、ある時、京都の猫を撮影しようと立寄った代表的な街並みですが、京都は意外と猫を見かけることが少ない街で京都らしいカットはごく少数しか残っていません。

その日見かけた少数の猫ですが、警戒心が強めで撮影はあまりうまくいかなかったのですが、空地の壁の間を出入りする猫たちを見かけ隙間から覗くと壁の向こうには5頭ほどの猫たちがいて、この時間ゴハンの人を待っている様子でした。

その日、数カット撮影してその場を後にしたのですが、現像を終えたフイルムを見てどれも満足できず、数週間後に再度京都に赴き撮りなおしました。

結局撮りなおしもイメージとは少々ずれていましたが、三度撮りなおしに行くことはなく、その後1・2年後にその場所へ行くと既に新たな建物が建っていました。

思えば、この頃から猫写中心に撮影をするようになってきた頃です。

今ならもう少し粘ると思いますが、良いカットが撮影できるかは判らないですけど...

Image3 【カメラ:FM3a_レンズ:Ai45mmF2.8P】

撮影地_京都

| | コメント (2)

FM3aの露出計

FM3aの露出計は指針式でアナログ時計のように針が付いています。

アナログは、人間の感覚に近いのでおおかた好評で確かに使い易いのですが、光に透かして見るため暗い場所では見え難くなります。

この場面も夕方の薄暗い場面で、露出計がかなり見づらい場面でした。

しかも、薄暗くて被写体が小さかったのでピントも合わせ辛い!!

0810__fm3a_45_020

【カメラ:FM3a_レンズ:Ai45mmF2.8P】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (0)

FM3aに一目惚れ

私の初めての一眼レフカメラ 「Nikon FM3a」 ですが、一目惚れで購入に至ったことは何度か触れてきました。

最近知ったことなのですが、今をときめく女優 宮崎あおいさんもこのカメラに一目惚れして愛用しているそうです。

宮崎あおいさんといえば、○リンパスのデジイチのCFキャラクターを務めていますのでそちらのイメージがあったのですが、実は私と同じニコン使いだったのです。

現在のニコンのCFキャラクターは某アイドルですが、個人的には宮崎あおいさんのほうが‘本物’って感じるのは私だけでしょうか!?

0810__fm3a_45_007 【カメラ:FM3a_レンズ:Ai45mmF2.8P】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

ポストーカード

中川さんに依頼されたこともあり、今回のイベントを機会にポストカードを制作することを検討しています。

少量しか販売見込みがありませんので、クリアすべき課題は多いのですが、今回、星野さんがそのあたりの調整をして頂いています。

私はそれに乗っかるだけですので、ちょっとズルイようですが、収益は無論猫助けの支援金として使って頂きます。

なのですが、私の写真ってポストカード向きのカットが極端に少ないです...

特にポストカードに適している仔猫のカットが少ないです。

0810__klasse_051 【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

粗選定終了

昨日、改装中ではありましたが今回の会場となる町屋の様子や中川さんとお話いたしまして、やはり私の展示写真は名古屋にてレンジファインダーカメラを使用して撮影した銀塩写真から選定することに決めました。

土曜、日曜で過去のフイルムを見直しをしたところ、該当するのは約1000カット。

その中から、先ずは40カットほどを選定しました。

この先類似カットや全体のバランスが取れるよう、さらに25カット程度に絞り込みたいと思います。

0805__zi009

【カメラ:Zisse Ikon_レンズ:COLOR-SKOPAR35mmF2.5PⅡ】

撮影_08年05月_名古屋

| | コメント (0)

多治見の下見

来月開催が決まった『命を包む4人の瞳』展(仮称)の会場となる、多治見市のオリベストリートにある町屋を下見にいってきました。

現在改装作業中でしたが、古民家の雰囲気を残しつつ多様な猫にまつわる展示が可能なようになる模様です。

詳しい様子は、原田さんの「猫のまたタビ」を、このギャラリーの趣旨は、中川さんの「野良にゃん Diray」 星野さんの「WANGAN NEKO」をご覧ください。

本日は手抜きでした、原田さん、中川さん、星野さん記事拝借いたします、ゴメンなさい。

画像は、オリベストリート近くの路地で出逢った仔。

今日は下見のみのつもりで、町屋のイメージを撮影目的で多治見に赴き、コンデジの「フジフイルム ファインピクス F30」のみしか持っていなかったのですが、猫を見ると撮らずにはいられません。

本来の目的は、イマイチ画像でしたので...

左のチャトラシロは14歳で懐っこく、右のキジトラシロは4歳でやや臆病だとこの家の方に教えて頂きました。

Dscf1280 Dscf1282

| | コメント (4)

不幸中の幸い

今朝撮影中にやってしまいした!!

Zeiss Ikon を不注意で落としてしまいました。

「ゴン!!」と鈍い音をたてて、アスファルトの上に...

ボディーを確認すると、トップカバーが割れていました。

一瞬修理代が頭を過ぎりましたが、そういえばこのカメラは名古屋大須のコ○兵で購入したので落下でも保障が利くような記憶が蘇ってきました。

帰って確認すると、間違いなく落下保障がありました。

購入金額の70%まででしたが、よほどのことがないと越えることは無いでしょう。

不幸中の幸いでした。

0809__zi_3514_031

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTON classic 35mmF1.4 SC】

撮影_08年09月_名古屋

| | コメント (2)

決まったけど決まらない。

多治見でのイベントですが、タイトル「命を包む4人の瞳」展(仮称)となりそうです。

でも私の方は、展示する写真の選定が進んでいません。

今頭にあるのは、名古屋市内でレンジファインダーカメラで撮影した写真でまとめてみようかとゆうことだけです。

とりあえず、ポジを整理しなければ...

0809__zi_3514_023 【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTON classic 35mmF1.4 SC】

撮影_08年09月_名古屋

| | コメント (2)

ウソのような話。

破綻したリーマンのCEOに巨額の退職金が支払われるらしい。

その金額日本円で約200億円だそうだ。

これから公的資金を受け入れる米国の銀行の経営陣も退職する時は巨額の退職金を手に入れるに違いない。

私は、これが資本主義とは到底考えられないが...

0808___f6_35_009 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影_08年08月_名古屋

| | コメント (2)

カメラバック?

私は、カメラバックは使わず普通のデイバック(モンベル製20ℓ)を常用しているのですが、夏場は背中に汗をかくし名古屋に引っ越してからは自転車で移動する機会も増えましたので、近場の撮影ではデイバックはやや不便と感じていたので、ヒップバッグを8月ぐらいに購入して何度か使ったのですが、これは失敗でした。

カメラを収納して歩くとベルトを強めに締めないと重さでずり落ちてきてしまうのですが、締めるとバッグを背中側からお腹側に廻すのがやり難いです。

現在ショルダーバッグを物色中ですが、いかにもカメラ入ってますって物はチョット抵抗があります...

カメラ用じゃない物に、仕切りだけ買って使うのもありかも、ちょうど良い大きさのバッグが1個あるし。

0801_279 【カメラ:F3_レンズ:Ai50mmF1.8】

撮影_08年01月_名古屋

| | コメント (2)

モノクロ専用機!?

最近モノクロ専用機になりつつある KLASSE S です。

Zeiss Ikon よりさらに猫写向きでないカメラですが、モノクロフイルムでパシャパシャ失敗を気にせず撮影できて良い感じ。

でもやはり猫写向きでない気がしますが...

0810__klasse_033

【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

金融危機

金融危機らしいが、だからといって税金を使って救済するのであれば経営陣の責任を明確にして、個人資産没収ぐらいして欲しいと個人的には感じる。

汗水たらして労働している人々は救済せず、金貸し(銀行屋)や博打うち(証券・保険屋等々)に税金を使うのだから。

0809__f6_125__033

【カメラ:F6_レンズ:MACRO APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL

撮影_08年9月_名古屋

| | コメント (4)

詳細はまだ決まってません

岐阜県多治見での企画なのですが、詳細はまだ決まっていません。

中川さんのお話では 11月22~24日の三連休を目標に現在準備中のご様子。

多治見にある 「オリベストリート」 のイベントに合わせたい意向のようです。

詳細は随時掲載していきますので、お待ちください。

0806__085 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

撮影_08年06月_名古屋

| | コメント (0)

嬉しい悲鳴!!

「神島の猫」展も無事終了し国家資格試験もなんとか終わり、これでしばらく雑念無しに猫写をできる予定でしたが、

先週の26日に中川こうじさんにお会いしたとき、今年の11月末に岐阜県多治見市にある町屋を借り写真展を開催するので、展示写真の協力を原田さんと私にお願いされました。

もちろん即答で参加する旨返答しその日はお別れしたのですが、先日メールにて正式な依頼が届き、その内容に眼を通しビックリしました。

私は、町屋を期間中のみ借りて写真展を開催するものだと思い込んでいたのですが、中川さんは常設猫ギャラリーを運営してそのオープンの杮落としとして写真展を開催するお考えだったのです。

この杮落としに参加するメンバーは、ご本人 「のらねこ(野良にゃん写真集)」 の中川こうじさんに、瀬戸でご一緒した 「猫にまたタビ」 の原田佐登美さん、さらになんと 「WANGAN NEKO」 の星野俊光さんが加わり、私を合わせての4人展を企画していると知らされたのです。

中川さんと原田さんはすでに写真単行本を刊行されているいわばプロ、星野さんは日本でも屈指のハイレベルなフォトギャラリー「キャノンギャラリー」の選考を猫を主題にされた作品で通過し全国の「キャノンギャラリー」で写真展を開催した実績をお持ちの、アマチュア界屈指の実力を持つ写真家。

そんなお三方の中に無名の私が写真を展示するのは少々気が引けるのですが、この4名の写真の性質を考えると全体のバランスを考慮してのことだと感じたしだいです。

11月末とゆうと実質1ヶ月弱しかなく、中川さんの気持ちの入りようと参加メンバーの顔ぶれから私も気合を入れて展示写真の選定しなければなりません。

しばらくのんびりマイペースで撮影して行くつもりだったのですが、思わぬ依頼に嬉しい悲鳴です。

0805__f6_033 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影_08年06月_名古屋

| | コメント (7)

突破か!?

1週間ほど更新をサボってましたが、実は仕事のために知識として必要な国家資格の試験を昨日受験していました。

昨年も受験して見事にすべった資格なのですが、昨年の合格率は8%ほどしかない、かなりの難関なのです。

難関とゆうと、司法関係とか、医療関係、不動産・建築関係などがあり、これらの資格は直接お金になりそうな資格で、認知度も高いですが、私が受験した資格は世間ではほとんど知られていないようなマイナーな資格です。

しかも合格したからといって、資格がないと仕事に差し支えが出るわけもないので給料が上がるわけでもないのですがね。

昨年は結構勉強して、スレスレで不合格でしたが、今年も盆から約二ヶ月間に渡り1日平均1時間ちょっと勉強し、試験の前々日は3時間、前日は6時間、当日も朝2時間ほど勉強して試験に挑みました。

で、結果はとゆうと受験中は途中で帰ろうかと思ったほど今年の問題も難関で、確実に今年もダメと思っていたのですが、今日回答がネットにて発表されていましたので自己採点した所、昨年とは逆でスレスレ合格ラインに乗っていました。

「神島の猫」展も重なり、ここ1ヶ月ほど猫写に集中しきれてなかったのですが、これで開放されました。

0806__003 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

撮影_08年06月_名古屋

| | コメント (4)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »