« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

多治見 「猫ちぐら 東風庵」の情報まとめ

無事杮落としの企画写真展「命を見守る4人の瞳」展も盛況にて終了た「猫ちぐら 東風庵」ですが、メディアで取上げられたために多くの方々が、弊ブログに訪れていただいています。

「東風庵」では主宰である中川こうじさんの写真を常設展示、猫モチーフのポストカード&猫にまつわるグッズの販売他、お茶や数量限定のランチもあるもようです。

他いろいろありますので、「猫ちぐら 東風庵(こうちあん)」の情報をまとめましたので参考にしてください。

・所在地:岐阜県多治見市中町1-1オリベストリート

 (骨董 冨田堂の後に開設しています)

 多治見市観光協会HP オリベストリート

 オリベストリート パンフレット(PDF) 

  googleマップ

・主催者:中川こうじさん

 ご本人ブログ→ 野良にゃん写真集 & 野良にゃん Diary

・東風庵の趣旨:ご本人のブログ記事、 Hoshinoさんブログ記事

           中日新聞記事

・東風庵の様子:HARADAさんブログ記事① ブログ記事②

           弊ブログ記事

※杮落とし企画写真展(終了しました)「命を見守る4人の瞳」展、参加メンバー

 中川こうじ(野良にゃん写真集) Hoshino(WANGAN NEKO BLOG) HARADA(またタビ日記) 蔵人(猫ろじっく)

敬称略

| | コメント (2)

休養します。

写真展の疲れと、その間に行なった猫写行脚の疲れが溜まっています。

未スキャンポジが18本、未現像モノクロが4本溜まっています。

暫らくの休養をお許しください。

なお、「命を見守る4人の瞳」展にて展示した蔵人分の写真を

「猫ろじっく 道草」にて順次掲載していきますのでそちらをご覧いただけると幸いです。

| | コメント (6)

「命を見守る4人の瞳」展 番外編 《追記あり》

今回の写真展、中川さんの秘められたコンセプトは「喜怒哀楽」と聞かされた。

それぞれ、喜=私、怒=中川さん、哀=Hoshinoさん、楽=HARADAさんだそうです。

4人は産まれ(なんと中川さんは米国産まれで米国籍だそうです)も育ちも違い、一見全く違う猫主題の撮影をしているように見えるのですが、表現したいものは実は同じ事なのだと思います。

追記:中川さんと「東風庵」の記事が中日新聞に掲載されています。

中川さん曰く「写真から感じる波動が同調する」のだそうです。

音や振動の世界では「共鳴とか共振」と言われ、同じ波長が同調するとその何倍ものエネルギーになって揺れます。

偶然に猫を愛する人々が集い同じ空間に作品を展示することによりその波が更に強い波になって訪れた人々の心を動かす。

それが「猫ちぐら 東風庵」の趣旨だと私は感じました。

微力でしたがその一端を担うことができたことを本当に嬉しく思います。

_41 【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:COLOR-SKOPAR 50mm F2.5 】
撮影地:名古屋

| | コメント (6)

「命を見守る4人の瞳」展 終了

三日間の開催もあっと言う間に過ぎ去り、終了してしまいました。

今日は昼から結構雨が降り足元が悪かったのですが、それでもギャラリーはお客様が絶えることも少なかったです。

昨日一昨日よりは来場された方は少なかったのですが、その分リラックスされてゆっくり古民家の雰囲気を楽しまれていかれる方が多かったようにかんじます。

三日間で合計400名前後の来場者がいらっしゃったでしょうか!?

この場を借りまして、来場されました方々、ウェブ上で支援していただいた方々にお礼申し上げます。

ありがとうございました。

※今日は展示会の様子を撮影するのをサボりました。

↓は今回の展示写真のなかで、私の好きなカットです。

_12 【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON50mmF1.5】

撮影_05年_名古屋

| | コメント (4)

「命を見守る4人の瞳」展 中日

中日の今日、天候にも恵まれ昨日より更に多い人々が来場くださりました。

そんななか、 「ヤマでネるお一家の連々草」のhiroeさんが瀬戸での展示会に引き続きまたいらしてくださいました、ありがとうございます。

また会場は「猫ちぐら」だけに、生猫も飛び入りしたりで大変賑わっていましたが、私はギャララリーにある火鉢に(って言うか炭火)ハマってしまい終始火鉢を抱え込み炭火の世話をしてしまいました...

今日はHosinoさんも東京から駆けつけ中川さんと三人で写真や猫の話で盛り上がり、話は尽きませんでした。

明日最終日はHARADAさんも揃い、4人全員でギャラリーに滞在いたします。

2 「東風庵」の玄関前で恐る恐る様子を窺うお客様の猫

Photo炭火は嵌まります...

| | コメント (4)

「命を見守る4人の瞳」展 初日

ついに初日を迎えました!!

他のお三方が既に準備を前日までに完了されていましたが、

私は今朝8時に入り、オープン5分前まで準備をする始末...

入口を入ると土間があり、猫支援のためのグッズが展示されていてこれだけでも良い雰囲気があります。

ギャラリーの展示スペースも明治元年に建築された古民家の良さを最大限活かしたとても趣きのある空間になっています。

今日は朝オープンから来場者がいらっしゃいまして、多い時で10名を超える方々がギャラリーに入り、中川さんと私は外で待機することも、私のアバウトな集計で100名を楽に超える来場者に恵まれました。

そんななか、今回ポストカードを提供していただいた 「世界はニャーでできている」のしぐさん、瀬戸でもいらしてくださった 「はっぱのそよ風」のはづきさんがいらしてくださいました、ありがとうございます。

日中はほとんど切れ目なく来場者がいらっしゃり嬉しいかぎりでしたが、陽が沈み始める5時前ぐらいから寒さもありだいぶ来場者数も落ち着き、私もゆっくりと全体の作品を鑑賞いたしました。

昼間の太陽光が混じった光線よりも、陽が落ちてライトに照らされた写真はぐんと雰囲気が出てきてととも良い感じです。

特に、中川さんとHoshinoさんの空間はそれが顕著になります、もし明日お越しになられる方で時間が許されますならば、夕方5時以降がおすすめです。

Photo Photo_2

| | コメント (2)

いよいよ!!

いよいよに迫ってまいりました。

「猫ちぐら 東風庵(こうちあん)」オープン杮落とし

企画写真展 「命を包む4人の瞳」展 11月22~24日開催です。

ようやく私も展示パネルを昨晩宅配依頼しましたので、明日には現地に到着する予定です。

写真パネルは30点ほど準備しましたが、スペースを見ますと20~26点ほど展示が可能なようです。

22日の朝早くに現地に入り全体のバランスを考えながらの展示写真の選択し、展示する作業が最後に残った仕事になります。

ポストカードは、当日手持ちで持ち込むことにしました。

あと、 「神島の猫」展でテストプリントした2L判の生写真もペーパースタンドに額装し5カットのみ各1点ですが限定販売いたします。

どの写真も、販売を目的に撮影したものではありませんので、いささか不安ですが、撮影した写真が猫達に還元できると嬉しく思います。

今回は、先回の「神島の猫」とは違い地味な路地猫の写真ばかりですが、お三方の作品が優れているのでなんとかバランスが取れるのではないかと勝手に思い込んでいます。

私は、3日間とも現地入りいたしますので、ご来場いただきましたらお気軽にお声をお掛けください。

追記:HARADAさんのブログ 「猫にまたタビ」 に詳しい行きかたと最新情報が記載されていますのでご参考ください!!

_44 【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON50mmF1.5】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

ギリギリまで

一旦選定を完了した展示写真でしたが、

全体を見て、雨を感じる写真が1カットしかないのが少し気がかりでした。

運良く先日曜日は雨模様の天候、小降りになったのを見計らい小雨のなか傘を片手に撮影。

私の場合、雨の日はさすがに片手でも撮影できるオートフォーカスで撮影していたのですが、今回の展示での写真はレンジファインダーカメラ(マニュアルフォーカス)と決めていましたので、BESSA R3Aにフォーカスリングの使いやすいNOKTON50mmF1.5でこの日の撮影をしました。

フイルム1本、計37コマ撮影して昨日現像済みのポジを受取り確認したところ、今回の展示に使える雨の日のカットが2コマほどありました。

早速プリント依頼してギリギリまで額装することになりました。

明日中には完了し、発送できそうです。

ポストカードも結局始めるとあれもこれもで、モノクロ2パターンを含み、16パターンになりました。

最後のモノクロ1パターンを今からプリントする予定です。

余力があれば、プロフィールなどを作ってボードに貼り付ければ準備完了になります。

↓は日曜日撮影した写真でボツにしたカット

Image2

【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON50mmF1.5】

撮影_08年11月_名古屋

| | コメント (2)

中古価格

Zeiss Ikonの修理が終り昨日引取りに行った。

修理に行ったお店は、中古カメラ・レンズが数多く展示されているところなので、ついでに見ていると、ニコンのデジイチD200は約6万5千円。(結構綺麗な個体)

1年ほど大きいカメラを買っていないので、お手ごろ価格にクラクラしますが、ここはガマンして銀塩カメラに目を向けると、結構使い込んだニコンFM3aが6万円弱、状態の良いものは8万強で、私のメインカメラF6は14万円で、ちょうど中古のニコンD300と同じ値段でした。

また、ニコンF3の実用品は4万円前後わりと綺麗な物は6~8万円程度でした。

F3は30年近く前に発売されたカメラ、FM3aは7年ほど前に発売されたカメラ、対してD200は3年弱前のカメラですね。

カメラの中古価格を見ていると、色々考えてしまいます。

_21 【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTON classic 35mmF1.4 SC】

撮影_08年08月_名古屋

| | コメント (2)

あと1週間になりました!!

いよいよ来週に迫ってまいりました!!

結局プリントは、ワイド四つ切で30カットほどになりました。

全て展示できるか判りませんが、現地で展示してみて調整しようと思っています。

「東風庵」への行き方などは、 「猫にまたタビ」のHARADAさんのブログ記事が参考になりますよ!!

_36

【カメラ:BESSA R3A_レンズ:COLOR-SKOPAR50mmF2.5】

撮影_06年_名古屋

| | コメント (2)

1800万円

年収1800万円以上の人が普通に生活すれば、お金に困っているとは思えませんが、

日本のサラリーマンの平均年収って400~700万円ぐらいだと思います。

しかも、家族の場合は各個人の年収ですから、働き手が3人であれば最大5400万円の家庭にも支給される計算ですね...

世襲のお坊ちゃんやお嬢さんたちには、下々の暮らしは判らないのは当然でしょうが...

選んだのは国民か...

0805__zi017 【カメラ:Zisse Ikon_レンズ:COLOR-SKOPAR35mmF2.5PⅡ】

撮影_08年05月_名古屋

| | コメント (0)

溜まってきました...

写真展の準備で、通常の撮影済みポジフイルムのスキャンと、モノクロ現像が滞ってきました。

未スキャンポジ10本、未現像モノクロ4本、撮影はそれなりにしているのでだいぶ溜まってきました...

0803_zi029

【カメラ:Zisse Ikon_レンズ:COLOR-SKOPAR35mmF2.5PⅡ】

撮影_08年05月_名古屋

| | コメント (4)

額装開始

展示会まで2週間を切りました。

展示写真もほぼ固まり、25カットのプリントを受取り昨日今日で額装しています。

額装と言っても額ではなく、スチレンボード(発泡スチロール製)に黒ケント紙を貼り付けただけの手作りのシンプルなボードに、直接写真を貼り付けるだけの作業です。

ですが、スチレンボードのカットに白い部分をマジックで塗ったりで、結構時間手間取り、私は集中力が持続できないタイプなので休み休み2日間かかって22カットまで完了しました。

※↓は最終段階でボツにしたカットです。

_31

【カメラ:BESSA R3A_レンズ:NOKTON50mmF1.5】

撮影_05年_名古屋

| | コメント (2)

「日本浄土:藤原新也氏」

現在の私が影響を色濃く受けている写真家、藤原新也氏の著書「日本浄土」を読んだ。

内容は、氏の幼少から青年期を振り返りながら日本各地を旅するものです。

その件で、最も共感を受けた文。

 野良猫が生きて行ける町はやさしい。

 人間を恐がらず、手に触れさせる、

 そんな野良猫が棲んでいる町はさらにやさしい。

日本浄土

著 者:藤原新也

発行所:東京書籍

0805__f6_021 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影_08年05月_名古屋

| | コメント (2)

東風庵続報

4人展会場の「猫ちぐら 東風庵」ですがオープンに向け改装がだいぶ進んでいるようです。

中川さんのブログ「野良にゃんDiary」に写真が掲載されています。

私の展示スペースは3枚目の写真の場所でしょうか。

普通に見る順番とすると、4人の中でトップバッターになります。

古民家の雰囲気を最大限活かしとても素敵なスペースですね。

なんだかワクワクしてきました。

0810__klasse_080 【カメラ:KRASSE S】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

陽のあたる場所

急激に寒くなってきました。

猫たちにはやはり陽のあたる場所がよく似合います。

自分の写真をみて、「猫・陽のあたる場所 武田花写真集」をまた見直しています。

30年ほど前に初版され現在も販売されている、猫主体の写真集不朽の名作です。

意図して真似ているわけではないのですが、最近の私の写真は武田花さんに似ているカットが多いな~

モノクロでレンジファインダーで35mm・50mmのレンズで路地裏で猫を撮る。

好きなんだから仕方ないですね。

0810__klasse_073 【カメラ:KLASSE S】

撮影_08年10月_名古屋

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »