« 長崎猫写行脚-08秋_9 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_11 »

長崎猫写行脚-08秋_10

一旦宿に入り荷物を置いて夕食に出かける。

宿からほど近い場所でラーメンとおでんを食べる。

長崎といえば「ちゃんぽん」なのだが、いつもこの店ではラーメンとおでんを食べることが多い。

腹ごなしに散策していると、公園のベンチで佇む猫に出逢った。

0811_f6__291 【カメラ:KLASSE S】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_9 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_11 »

コメント

蔵人さんの路次猫ワールド。

その場所に猫がいることで、いろいろな物語が想像できますね。

毎日更新が楽しみです。


投稿: はづき | 2008年12月15日 (月) 00時28分

はづきさんこんばんは。
人や猫たちが暮らしている場所には、それぞれの物語が綴られているのですが、実際に個々が交わらないと知る由も無いですよネ
写真もその道具かも知れません。
暫らく長崎シリーズが続きますが、お付き合いください。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年12月15日 (月) 22時14分

夜に会う猫はなんか意味深に見えてしまって
いつまでもその仔を見て離れなくなってしまうこともあります。
このポーズってずるいですよねぇ・・・。(∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年12月18日 (木) 04時23分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
夜出逢う猫たちは、日中と違った感じを受けますよネ
物憂げだったり、本来の野生だったり。
こんな感じで寄添ってこられると、別れづらいです...
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年12月19日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_9 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_11 »