« 長崎猫写行脚-08秋_6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_8 »

長崎猫写行脚-08秋_7

誘惑に負けキジトラシロとひとしきり遊んだ後、その仔の後を着いて行くと視界が広がる。

視界の先には長崎らしい情景、斜面に無数の墓地が張り付いているのが見える。

どうやらここが彼のお気に入りの場所のようだ。

0811_f6__035 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_8 »

コメント

階段の所だけではなく、門柱の所に狛犬のように茶ぶち猫がいるんすねぇ。(∩.∩)
守る2対の神の化身というより、居眠りの神様ですね(笑)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年12月10日 (水) 21時07分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
チャトラ2頭、ホントに狛猫ですよネ
エジプトでは猫は神様ですから、間違いないです(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年12月12日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_6 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_8 »