« 長崎猫写行脚-08秋_19 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_21 »

長崎猫写行脚-08秋_20

無料休憩施設を離れ、有名観光施設までは階段坂を降り5分ほどだ。

もちろん私はそこには立寄らず、すぐ脇にあるお寺の境内に入る。

すると事務所の玄関口に三毛猫の親子が固まっている。

ダンボールに入っているが、もちろん捨て猫ではないことは容易に想像できた。

0811_f6__154 【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_19 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_21 »

コメント

か、かわいい子猫〜lovely
母猫と、子猫が2匹?
3匹かな?

段ボールの下の新聞紙が、少しでも
寒さを防げるようにとの
心優しい配慮が感じられます。
秋の子は育ちにくい、と聞きますが、
長崎の人と気候の暖かさで、
無事大きく成長できます様に…diamond

今年もあとわずかとなりましたね、
よいお年を!

投稿: HARADA | 2008年12月31日 (水) 00時15分

HARADAさんこんばんは。
別のカットで確認した所、母猫と4頭の仔猫がいました(^^)
長崎はいたるところで優しさを感じられる素敵な街です。
来年も訪れて再会したいと思います。
今年もお世話になりました。
では良いお年をお迎えください。

投稿: 蔵人 | 2008年12月31日 (水) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_19 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_21 »