« 長崎猫写行脚-08秋_29 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_31 »

長崎猫写行脚-08秋_30

美人キジトラと別れ、坂を下る。

長崎は坂と共に、お寺も多い。

ふと見るとお寺の屋根に同化したように、キジトラが休んでいた。

0811_f6__215 【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_29 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_31 »

コメント

チェシャ猫みたいに、高みから見物しているかのようですね。

屋根と同化しつつ、守り神にも見えるし…。

人間の世界はどんな風に見えるのでしょうねえ。

投稿: はづき | 2009年1月13日 (火) 01時02分

はづきさんこんばんは。
屋根の上で、完全に同化していました(^^)
この猫から見た私達はどう映って見えるのでしょうか!?
猫語が判ればぜひ聞いてみたいものです。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月13日 (火) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_29 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_31 »