« 長崎猫写行脚-08秋_26 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_28 »

長崎猫写行脚-08秋_27

狭い石造りの坂道を登って行くと、軒下の郵便受けにはグレイのやや長毛が混ざった猫が雨宿りをしていた。

0811_f6__194 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_26 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_28 »

コメント

こんばんは
長崎って、ホントに雨が似合うんですね。
行った事ないので、イマイチ街の雰囲気がわからないんですよ。
佐世保漁港へは二度ほど、超能力者?の喫茶店へ行きましたが。
一時期少し話題になってたりしててね、余談ですが。
 
毛の長い猫ちゃんですね、郵便受けにチョコンと納まってて
冷たい雨が避けられてよかったね。

投稿: hiroe | 2009年1月 9日 (金) 23時48分

hiroeさんこんばんは。
狭い路地などでは、強いコントラストの晴れた日よりも、しっとり濡れた雨の日の方が情緒が増して良い雰囲気です。
長崎は、歴史的に和洋中の文化が融合し独特の雰囲気を醸しだしています。
坂と港と路地とゆう意味では、私が訪れたなかでは「尾道」が近い雰囲気ですよ(^^)
佐世保には有名な喫茶店があるのですネ
思わずネットで検索してしまいました。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月10日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_26 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_28 »