« 長崎猫写行脚-08秋_23 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_25 »

長崎猫写行脚-08秋_24

フイルムをISO400のモノクロに詰め替え撮影する。

絞を開放F2.8で撮影するが、手持ちで撮影できるギリギリのシャッター速度1/4秒。

息を詰めて撮影するが、被写体がじっとしていない。

0811_bw_0372 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_23 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_25 »

コメント

モノクロですか〜すごいですね私も銀塩カメラ全盛時代は、友人の結婚式などで使いました。
やはりパソコンでモノクロモードにするのとは、味が違いますか?蔵人さんの場合は、自分で焼くからその焼き加減が調整できるのが魅力なのでしょうね。

投稿: HARADA | 2009年1月 6日 (火) 23時29分

HARADAさんこんばんは。
モノクロといっても、現在は撮影と現像のみで、手焼もプリンタ出力もしていません(^^;;
そのうち手焼にチャレンジしたいとは思っているのですが、著名なプロでも、銀塩撮影→スキャン→デジタル編集→プリンタ出力とゆう方もいらしゃっるようですので、手焼には拘りませんが、一度は経験してみたいです(^^)
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月 7日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_23 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_25 »