« 長崎猫写行脚-08秋_36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_最終回 »

長崎猫写行脚-08秋_37

残ったミケは相変わらず懐っこい。

私の足元で撫でろと催促され、ご好意に甘えさせていただいた。

0811_f6__287 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_最終回 »

コメント

うはぁ、かなりの甘えっぷりですね。
家の猫みたい!(∩.∩)
自分もここのところ甘えん坊な猫に出会う回数が多いのですが
かわいいなぁ・・・と思う反面、どこぞの家の猫くんであって欲しいなぁ・・・
なんて思ってしまいます。

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年1月21日 (水) 21時28分

ピュンピュン丸さんこんばんは。
実際うちの猫よりも懐っこいかもしれません(^^;;
外で自分の力で生きてゆくか、飼猫で縛られていても安息の日々を送っていくのとは、どちらが幸せかは答えが無いかもしれません。
複雑ですよネ
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月22日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_36 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_最終回 »