« 長崎猫写行脚-08秋_35 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_37 »

長崎猫写行脚-08秋_36

帰路へと向かうため長崎駅のホームへと入って行く。

ホームには、まだ若いミケがいた。

早速挨拶を交わすと、かなり懐っこい。

私の足元でスリスリ・ゴロゴロして撮影にならない。

ミケと遊んでいると、向こうからキジトラシロがこちらに歩み寄ってくると、ミケと鼻面で挨拶を交わす。

おぉ~!!

このキジトラシロは、一昨年ここで出逢った仔だ!!

「仔猫の頃」「一昨年秋」

すっかり成長して大人になっているが、前脚の模様の特徴は変わっていない。

「にゃー」と挨拶したが返事はなし、かろうじて人差し指を伸ばすと鼻面で挨拶してくれたが、それっきりまた向こうへ行ってしまった。

数回しか会っていない私のことを、キジトラシロは憶えていないとは思うが、逞しく成長した彼女を見て私の方は妙に感慨に耽ってしまった。

0811_f6__276 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

|

« 長崎猫写行脚-08秋_35 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_37 »

コメント

こんばんは
うん、仔猫の時からずっと同じ所で元気で成長する姿を見られるって、
それは感激ですよね~
仔犬の頃の写真、可愛いですね。今も小さい方かな。
本当に覚えてないのかな~
きっと自分のことを先に可愛がってほしかったんじゃない?!

投稿: hiroe | 2009年1月20日 (火) 23時14分

こうやって無事成長の跡を見られるなんて、ちょっと幸せ♪な気分になりますね。

投稿: はづき | 2009年1月20日 (火) 23時50分

hiroeさんこんばんは。
動物の成長を無事見られるのは、やはり嬉しいですよネ
このキジトラシロ、推定2歳ですのですっかり大人で、体の大きさも標準ぐらいでした。
人間の場合でも、子供の頃は懐いていても、成長するにしたがって、つれなくなることも多いですので...
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月21日 (水) 19時59分

はづきさんこんばんは。
特に場所が場所だけに嬉しいと言うか、ホント幸せな気分になります(^^)
長崎駅関係者と、長崎市民には畏敬の念を抱きます。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月21日 (水) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_35 | トップページ | 長崎猫写行脚-08秋_37 »