« 長崎猫写行脚-08秋_37 | トップページ | Nikon F80S+Ai AF Nikkor 50mm F1.8D »

長崎猫写行脚-08秋_最終回

ミケを撮影しようと一旦離れてしゃがみカメラを構えると、何度試みても尻尾を立てて寄ってきてしまう。

いつまでもこの仔と遊んでいたかったのだが、そろそろ帰る時刻になってきた、ホームに滑り込んできた白い列車に千秋の思いで乗り込み長崎を後にするのであった。

長崎猫写行脚-08秋編 終了です。

長々とお付き合いありがとうございました。

0811_f6__281

【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あとがき

今回の長崎は2泊3日、移動時間を差し引くと実質2日間の滞在でしたが、嬉しい再会を果たした猫、新たに出逢った猫にも恵まれた旅だった。

いつも感じることですが、昔の日本は長崎のように猫たちに寛容だったと思います。

地域猫問題が今ほど極端に顕在化したのは、ほんの数年前でそれまではヒステリックに猫を嫌う人は本当に少数で、猫好きはもちろん嫌いな方でも弱者への思いやりを持っていたのではないでしょうか。

そしてそんな長崎の街と人々がいつまでも変わらずにいて欲しいと、毎回感じながら帰りの列車で思うのです。

|

« 長崎猫写行脚-08秋_37 | トップページ | Nikon F80S+Ai AF Nikkor 50mm F1.8D »

コメント

ぴんと立ったしっぽがかわいいですねえ。

長崎の猫シリーズ今回も新しいコと、懐かしい顔に出会えて、毎日楽しみでした。

今年も、路次の猫たちのほっこりとなるような写真を見せていただけますように♪

お疲れ様でした。

投稿: はづき | 2009年1月23日 (金) 12時38分

はづきさんこんばんは。
目つきは少々キツイ仔でしたが、ホント尻尾がピンと伸びて可愛かったです(^^)
長々とお付き合いありがとうございました。
今年もまた長崎を訪れたいと思いました。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年1月23日 (金) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚-08秋_37 | トップページ | Nikon F80S+Ai AF Nikkor 50mm F1.8D »