« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

やはり...

スナップが落ち着くなぁ

しかしこのレンズ、F2.8まで絞ると良く写りますネ

やはり、50mmF1.4Dより好みかも。

0901__f80_5018_041 【カメラ:F80S_レンズ:AF50mmF1.8D】

| | コメント (0)

どうも...

流し撮りって苦手です...

滅多に流し撮りなんてやらないからかな...

もっとカッコよく決めたいなぁ...

0901__f80_5018_051 【カメラ:F80S_レンズ:AF50mmF1.8D】

| | コメント (0)

猫の手

マイクロレンズを使うと、やはりこれを撮りたくなりますね。

0812__f6_097 【カメラ:F6_レンズ:AiMicro55mmF2.8S】

| | コメント (2)

Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S

私、ウソを書いていました。

前々回の記事で「フジフイルムのKLASSE Sを購入しているだけで他にはカメラやレンズを購入してなかったので・・・」ってかいていましたけど、夏前にレンジファインダー用で「NOKTON classic 35mmF1.4SC」と10月ぐらいに一眼レフ用に「Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S」をネットオークションで手に入れていたのでした。

ちなみに価格は1万円と少し、マニュアルレンズってなかなか新品で買う気がしないです、ほとんどのレンズが結構綺麗な物でも新品の半額以下ですから。

開放はチョット癖があるけど、F5.6まで絞れば遠景まで普通に使えるみたいに感じる。

もちろん接写はバツグンだ!!

ここまで寄って撮れるとポートレートも可能だが、ここまで寄ってポートレートを撮らしてくれる猫って滅多にいないからなぁ~

0812__f6_010 【カメラ:F6_レンズ:AiMicro55mmF2.8S】

| | コメント (4)

今年は...

昨日の記事に「これが欲しい!!」って機材はないってかきましたが、そう言えば1個ありました...

ポートレート用に望遠系のレンズが1本欲しいかな。

人間ならば85mmでも良いのですが、猫用だと200mm位は必要な感じがします。

今年はどれだけ機材が増殖するのだろう...

景気の悪化で年収は結構減ることは間違いないけど、買っちゃうんだろうな~

0901__f80_5018_037 【カメラ:F80S_レンズ:AF50mmF1.8D】

| | コメント (2)

Nikon F80S+Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

0901__f80_5018_031 昨年末にまたもや散財してしまいました。

今年は前半に、フジフイルムのKLASSE Sを購入しているだけで他にはカメラやレンズを購入してなかったので物欲がウズウズしていました。

別に今ある機材があれば不足している物はなく、これが欲しい!!って物もないのですが...

しいて言えば禁断のラ○カなどは、皆がこぞって絶賛しているので一度は試してみたいと考えていて、どうせライ○を買うのだったらメカニカル仕様のMPが良いなと思いますが、中古でも新品のD700より高いので貧乏性の私はなかなか踏み切れません。

そんなこんなでも、何か買わないとなんとなく落ち着かないしょうがない性分で、中古カメラ店めぐりをして購入したのが「Nikon F80S:¥16、000」でした。

とゆうか、先に「Ai AF Nikkor 50mm F1.8D」を新品購入してレンズ用に購入したと言った方が正解です。

「Ai AF Nikkor 50mm F1.8D」は中古でも良かったのですが、お店には全く中古は見当たらず、ネットオークションでも送料を考えると数千円しか変わらないので新品で購入しました。

50mmは、F1.4Dもありますが、F1.8Dの方が写りが私の好みではないかとMFのF1.4SとF1.8を見比べて思うようになってきました。

今のところ違いは判らないですので、少しですが小さく軽いF1.8Dの方がその分私にとっては優秀なレンズと言えるかもしれません。

F6に付けてももちろん良いのですが、せっかくの小型軽量レンズなので「ついでにカメラも買っちゃえ」とゆうことで購入したのがF80Sです。

F80s発売当初は人気だったこのカメラも、デジタルに押されて今は中古で2万円程度で入手できます。

でも10年近く前に当時実売7万前後で発売されたカメラが、今でも2万円の価値があるのは驚くべきことかも。

今回の組み合わせは実売で3万チョットの出費、中級のコンデジ並みの価格ですネ

もちろん中古だけど、画質は比べるまでもないし。

もし、今さら銀塩の一眼レフを始めようなんて奇特な人がいたら、この組み合わせがオートフォーカスならベストかな。

まだフイルム2本しか撮影していないけど、なかなか良い感じです。

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08秋_最終回

ミケを撮影しようと一旦離れてしゃがみカメラを構えると、何度試みても尻尾を立てて寄ってきてしまう。

いつまでもこの仔と遊んでいたかったのだが、そろそろ帰る時刻になってきた、ホームに滑り込んできた白い列車に千秋の思いで乗り込み長崎を後にするのであった。

長崎猫写行脚-08秋編 終了です。

長々とお付き合いありがとうございました。

0811_f6__281

【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あとがき

今回の長崎は2泊3日、移動時間を差し引くと実質2日間の滞在でしたが、嬉しい再会を果たした猫、新たに出逢った猫にも恵まれた旅だった。

いつも感じることですが、昔の日本は長崎のように猫たちに寛容だったと思います。

地域猫問題が今ほど極端に顕在化したのは、ほんの数年前でそれまではヒステリックに猫を嫌う人は本当に少数で、猫好きはもちろん嫌いな方でも弱者への思いやりを持っていたのではないでしょうか。

そしてそんな長崎の街と人々がいつまでも変わらずにいて欲しいと、毎回感じながら帰りの列車で思うのです。

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_37

残ったミケは相変わらず懐っこい。

私の足元で撫でろと催促され、ご好意に甘えさせていただいた。

0811_f6__287 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_36

帰路へと向かうため長崎駅のホームへと入って行く。

ホームには、まだ若いミケがいた。

早速挨拶を交わすと、かなり懐っこい。

私の足元でスリスリ・ゴロゴロして撮影にならない。

ミケと遊んでいると、向こうからキジトラシロがこちらに歩み寄ってくると、ミケと鼻面で挨拶を交わす。

おぉ~!!

このキジトラシロは、一昨年ここで出逢った仔だ!!

「仔猫の頃」「一昨年秋」

すっかり成長して大人になっているが、前脚の模様の特徴は変わっていない。

「にゃー」と挨拶したが返事はなし、かろうじて人差し指を伸ばすと鼻面で挨拶してくれたが、それっきりまた向こうへ行ってしまった。

数回しか会っていない私のことを、キジトラシロは憶えていないとは思うが、逞しく成長した彼女を見て私の方は妙に感慨に耽ってしまった。

0811_f6__276 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08秋_35

今回の長崎の旅もいよいよ終りだ、階段坂を下り平地へと向かう。

街で最後に出逢った猫は、アパートの物置台で休んでいた親子らしき2頭。

仔猫を守るようにチャトラシロが眠っていた。

0811_f6__253 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (4)

長崎猫写行脚-08秋_34

すっかり雨も止んで空も明るくなってきたのだが、そろそろ帰る時刻になってきた。

坂道を下って行くと、最近では珍しくも無いアメショーのミックスが路地を横切って行く。

0811_f6__245

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08秋_33

気を取り直して見ると、先ほど玄関前に佇んでいたチャトラが、台所の窓枠とガス管に足を掛けている。

0811_f6__320 【カメラ:KLASSE S】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_32

玄関脇の路地を覗くと、キジトラシロがアロエの鉢植えと一緒に風呂釜の上で休んでいた。

「ニャー」と挨拶したが返事はなし。

一瞥くれた後は無視されたので、にじり寄って撮影する。

しかし欲張って近づき過ぎたようだ、少し反省。

0811_f6__239 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08秋_31

お寺のあった場所から階段坂を登るのは、私のお気に入りの道だ。

すっかり雨もあがり朝ご飯の時間だろうか、民家の前でチャトラが様子を窺っている。

0811_f6__311 【カメラ:KLASSE S】

| | コメント (5)

長崎猫写行脚-08秋_30

美人キジトラと別れ、坂を下る。

長崎は坂と共に、お寺も多い。

ふと見るとお寺の屋根に同化したように、キジトラが休んでいた。

0811_f6__215 【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_29

このキジトラ、今回もゴロゴロ・スリスリ・ゴツゴツ相当懐っこい。

そのうえ、相当の美人さんだ!!

0811_f6__203 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (6)

長崎猫写行脚-08秋_28

弱い雨も上がり撮影には良い条件になった。

欲を言えばもう少し強い雨が降った後のほうが良かったのかもしれない、路面は濡れているが、壁は乾いた部分が多い。

歩きなれたC地区を散策すると、昨春出逢ったキジトラと同じ階段で再会した。

前回のキジトラ

0811_f6__205 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_27

狭い石造りの坂道を登って行くと、軒下の郵便受けにはグレイのやや長毛が混ざった猫が雨宿りをしていた。

0811_f6__194 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_26

2泊3日の短い旅、最終日の朝はすぐに訪れた。

前日の夜からの雨はまだ僅かだが降っていて、傘なしではまだ外を歩けない。

しかしこの雨は天気予報どうり、今回の長崎では雨に濡れた階段坂と猫を撮影するのも目的の一つだった。

南国のビーチには抜けるような青空と透き通る青い海、白い砂浜が似合うように、長崎の狭い石作りの階段坂には雨に濡れたしっとりとした質感が似合うと感じていたからだ。

問題は、肝心の猫たちが雨宿りして外に姿を現さないことを心配していたのだが、宿から10分も歩くと雨もほとんど感じられないくらいになり、毛繕いに精を出すチャトラシロに出会った。

0811_f6__183 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08秋_25

チャトラシロと別れ階段坂を登る、この界隈では階段坂の途中にベンチが設置されている。

本来は高齢者が足を休めるためと思われるが、高齢者が休んでいるより猫たちが休んでいる場面を多く目にする。

少し肌寒くなったこの日の夕刻、今回も3頭の猫が寄添っていた。

この猫たちの撮影を終えた後、少し早いがパラパラと雨が降り出したので、この日の撮影を終えることにした。

0811_bw_047 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (0)

長崎猫写行脚-08秋_24

フイルムをISO400のモノクロに詰め替え撮影する。

絞を開放F2.8で撮影するが、手持ちで撮影できるギリギリのシャッター速度1/4秒。

息を詰めて撮影するが、被写体がじっとしていない。

0811_bw_0372 【カメラ:F6_レンズ:AF28mmF2.8D】

| | コメント (2)

長崎猫写行脚-08秋_23

今にも雨が落ちてきそうな空模様、宿からあまり遠くないC地区を散策する。

この地域では毎回逢っているチャトラシロがいる、今回も同じ路地で出会った。

※このカット、露出補正が掛かったまま気付かずに撮影していました。

実際は、夕刻の曇天でかなり薄暗くシャッター速度も1/4位で、僅かに手ブレしていますね(ピンボケかな!?)。

0811_f6__304 【カメラ:KLASSE S】

| | コメント (6)

長崎猫写行脚-08秋_22

二日目、昼に仮眠を取って再び長崎の街へと出かける。

午前中は薄曇だった空も、午後に入り雨が降り出しそうに見えたが、路面を見るとすでに湿っていた。

宿の近場を散策しているとクロシロが駆け寄ってきた。

0811_f6__177 【カメラ:F6_レンズ:AF50mmF1.4D】

| | コメント (0)

受験したのは。

Photo 一昨年不合格になり、昨年再受験した国家資格ですが、昨年末に合格証書が送付されてきました。

資格の名前は「公害防止管理者 騒音振動」といって、一般の人にはほとんど関わりない資格でして、合格率の割りにお金にならない資格です。

一昨年は合格率約8%でギリギリ不合格でしたが、昨年は合格率約12%程度でしょうか、ギリギリでしたが無事合格できました。

例年の合格率は15%前後なのですが、一昨年はこの試験始まって以来の一桁台で最低の合格率で不運だったかもしれません。

社会人になって数十年、国家資格は他にも数個取得しましたが、これほどの難関は初めてでした。

暫らく国家資格の受験は遠慮したいですが、まだ必要な資格が2・3あるので今年もなにか受験することになるような気がします...

正月休みでヒマな方は、気が向いたら 「昨年の問題」 でも覗いて見てください。

| | コメント (4)

あけましておめでとうございます。

長崎猫写行脚の途中ですが、皆様あけましておめでとうございます。

昨年は皆様のご支援もあり、色々な出逢いと体験をすることができました。

振り返ると、引越しに始まり、モノクロ現像、2回の写真展と色々変化のあった年でした。

頑張るのが苦手でマイペースな私ですが、ご覧頂く皆様とウェブで素敵な写真を掲載されている方々の作品に刺激されて良い1年を過ごすことができました。

今年もマイペースで、路地猫を掲載していきたいと思いますのでよろしくお付き合いください。

0812__f6_061 【カメラ:F6_レンズ:AiMicro55mmF2.8】

| | コメント (6)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »