« 写真は写心 | トップページ | いつかきっと!! »

変わらぬもの

Dsc_0002 音楽でも絵画でも文学でも、もちろん写真の世界でも新しい表現とか色々あるけれど、私自身は新しいそうゆうたぐいのヤツはあまり解らない。

音楽も一番よく聞くのが「ジャニス・ジョップリン」です。

彼女が活動していたのは40年も前で、私が生まれた頃です。

彼女の歌声に魅せられたのは社会人になって間もなくの頃、

それ以来20年経っても彼女の魅力は変わりません。

彼女の歌声は今でも世界中の多くの人々に届いています。

よい音楽は時代を超えて変わらず愛される物。

写真もきっと同じですね。

_1 【カメラ:F6レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:別府  銀塩ポスカ作品

|

« 写真は写心 | トップページ | いつかきっと!! »

コメント

こんばんは
今日の記事にドキッとしました。
実は私もジャニス・ジョップリンが大好きでした。
持ってるのが紙ジャケ、LPなもんで最近はほとんど聞かなくなってて
でも、ごくたまにFMとかで聞くと、胸がキュンとなりますね。
若くして自分自身をいじめて逝ってしまった彼女、とても残念です。
歳を重ねてからの歌を聞いてみたかったなー。

投稿: hiroe | 2009年6月 7日 (日) 01時05分

hiroeさんこんばんは。
おぉ~、そうでしたか!!
LPの時代からのファンなのですネ
紙ジャケ、飾るとカッコイイですよネ
個人的には、チープスリルのジャケットが好きです。
薄幸な彼女の短い人生ですが、そのエネルギー全てを歌にぶつけていたのかもしれません。
だから今でも魂を揺さぶられる歌を残せたのだと感じています。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2009年6月 7日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真は写心 | トップページ | いつかきっと!! »