« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

明日は

C0194541_1310459 上京してTakaさんと合流し、星野さん の個展におじゃまする予定です。

エプサイトでの展示に続き短期間で2回も個展を開催できる星野さんの実力と懐の深さに脱帽しつつ、勉強させていただこうと思っております。

Dsc_0042 【カメラ:D40_レンズ:AF20mmF2.8D】

撮影地:名古屋

| | コメント (0)

今週は

今週は、写真のことで色々忙しいうえに、久しぶりに仕事も忙しくなってしまった。

そおゆう事情ですので、長崎シリーズは来週まで休みます...

101__zi_3514_203

【カメラ:F80_レンズ:AF35mmF2D】

撮影地:横浜の近く

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (2)

度々すいませんが

長崎シリーズの途中で度々中断してますが、今日感じたことをひとつ。

「エプサイト」での展示を終えたばかりの 星野さんですが、来週からは「キャノンギャラリー銀座」での展示が始まることはご存知の方が多いかと思います。

今日20日はカメラ関係の月刊誌発売日、その星野さんのキャノンギャラリーでの展示作品の一部が「フォトテクニックデジタル3月号」にグラビアとして掲載されていました。

奇しくも老舗のカメラ雑誌Aカメラ、Nカメラも猫撮影の大御所プロのグラビアをそれぞれ今月号に掲載されていますが、NHKの朝ドラ的(星野さんは、水戸黄門的と表現してます)な大御所プロの写真に対し、星野さんの写真はまさにドキュメンタリーです。

個人の嗜好があるとは思いますが、もともとドキュメンタリー好きな私は断然星野さんの写真に魅力を感じており、早く続きが見たいと来週末が楽しみになってきました!!

0907__f80_5018_024 【カメラ:F80_レンズ:AF50mmF1.8D】

撮影地:名古屋

2010012f212f412fc01945415f05615952e

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_12

2日目の朝、繁華街を離れT地区へと足を運んだ。

斜面を登り中腹まで来ると見晴らしの良い場所へ出る。

眼下には古い瓦屋根の家屋があり、ここに来るたびいつも「猫が屋根を歩いていたら絵になるのに」と探してしまうのですが、一度も見かけたことは無くいつも白い雑種の犬がコチラを窺っているのみだ...

1001__zi_3514_023

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f05615952e

| | コメント (0)

日曜日は

土曜日は星野さんの写真展を拝見して、せっかくだから1泊して横浜方面で午前中は猫写していました。

そして帰りに、しぐさんとお仲間たちの写真展にお邪魔いたしました。

こちらは総勢13名の作家さんがそれぞれの視点で捉えた作品で、個展とは違った雰囲気で展示されていましたよ。

その後、帰る足で前々から気になっていた横浜のディープな街へと探索してみました。

いわゆるドヤ街と呼ばれる地域で、小奇麗でシャレているギャラリーのあった山手とは歩いて20分程しか離れていないのですが、対極の街です。

やはり私には小奇麗な山手よりもこちらの方が写欲をそそられる!!

しかしさすがにカメラを持ち出す勇気はでなかった...

ダイドーみたいにストリートスナップできたらカッコイイのにネ

でも、大阪のディープな街のほうがスッゴイような気がする...

101__zi_3514_198

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:横浜の近く

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (6)

・星野 俊光写真展 「光の中で」~東京湾岸のねこたち~

『星野 俊光写真展 「光の中で」~東京湾岸のねこたち~』、昨日上京して拝見してまいりました。

いまさら私が感想などを述べなくても、多くの方々がいろんなところで感想を代弁してもらっていますので多くを語らないことに。

しかし星野さんの作品は、作品自体の完成度の高さは言うまでもなくプリントのクオリティが非常に高いレベルであると感じます。

実は私、今回の展示内容のかなりの部分を事前に見ておりまて、一昨年の東風庵で4人展に参加させていただいた時に、A4サイズですがまだエプサイトに提出される前のポートフォリオのブックファイルを拝見させていただいていたのです。

そのときはハッキリ言ってへこみましたネ

ブックファイルを拝見したときはホントあまりの作品の美しさ、撮影に対する視点の広さや新たな表現を模索しているご様子がビンビン伝わってきて、写真表現としてはオーソドックスで保守的な私はそうとうヘこみました...

そうそう、今回会場に私が到着したのは閉館前の30分ほど前で、知人には「そんな時間に来て星野さんに失礼じゃないの」的雰囲気でしたが、上記のように事前に展示内容を知っていたのと、エプサイトの関係者も驚くような記録的来場者であることも判っておりましたので、なるべく来場者の方々と星野さんの交流できる時間を邪魔しないようにと考えての行動だとゆうことにしといてください。

けしって、その後の星野さんとの懇親会のみが目的ではありませんから...ハイ

余談ですが、星野さんは奇特なお方でギャラリーにて展示作品の使用機材や撮影データなどを詳細に公開されていますが、必ずそれを目にして高額な機材にたいしてのやっかみ発言が聞かれるみたいです。

「こんないい機材を使っていればオレにもこのくらい撮れる」って感じの発言が...

これって、ゴルフに置き換えると「あんたと一緒のクラブを使えば、オレも賞金王になれる」って石川遼クンに言っているようなもんなんですけどネ

0907__zi_3514_057

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:名古屋

2010012f212f412fc01945415f05615952e

| | コメント (2)

長崎猫写行脚_10冬_11

今まで長崎には十数回撮影に訪れているが今回初めてレンジファインダーカメラを持ち込み、2日目の朝のこの日使うことにした。

先ずは宿からすぐの場所にある繁華街にある裏路地を通る。

長崎では多くの猫たちを見かけこの繁華街も例外ではないが、他の場所の猫たちが警戒しない猫が多いのに比べ、繁華街の猫たちは警戒心が強い。

この日の初猫に出逢うも、私に気づくと一瞥をくれただけで警戒しつつ足早に去っていった。

1001__zi_3514_004

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f05615952e

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_10

このチャトラシロは、私が根負けするまで懐いてくる。

名残惜しいですが、他に気を取られているスキにこの日はこの場を後にし宿へと戻ることにしました。

1001__f6_2828_3502_059

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_9

離れてもすぐに足元で見つめられる。

撮影には苦労するが、これはこれで嬉しい!!

1001__f6_2828_3502_054

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (4)

長崎猫写行脚_10冬_8

この仔を撮影しようと少し離れようとしても、追っかけて来られます...

苦し紛れに後ずさりしながら撮影するもイマイチか!?

こうゆう場面ではやはりデジイチが欲しい...

1001__f6_2828_3502_067_2 

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (0)

「光の中で」~東京湾岸のねこたち~

C0194541_13102960_2 懇意にしていただいている、星野俊光さんの個展第一弾

『「光の中で」~東京湾岸のねこたち~』 いよいよ本日より開催です!!

作品の展示されたギャラリー全体の様子が ご本人のブログ記事にて確認できますよ!

私も来週末に行けたら行きたいです(^^;;

| | コメント (2)

長崎猫写行脚_10冬_7

とにかくこの仔は懐っこい。

じっとしていないのでなかなかまともに撮影できません!!

写真としては失敗ですけど、今回収穫が少ないので...

1001__f6_2828_3502_056

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_6

そして奥にいた3頭目はこのチャトラシロ、昨年の夏にも出逢っていてものすごく懐っこい。

前回は少々変顔に写ってしまったが、今回は男前に写せたかな!?

1001__f6_2828_3502_055

【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (2)

長崎猫写行脚_10冬_5

塀の下から窺っていたのはビミョーな毛色なこの仔、もの凄い勢いで睨まれているように見えますが、この仔はこうゆう目つきのようです。

この後、人差し指で鼻タッチには応じてもらえました。

1001__f6_2828_3502_050 【カメラ:F6_レンズ:Ai35mmF2】

撮影地:長崎

2010012f212f412fc01945415f0561595_2

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »