« 長崎猫写行脚_10冬_11 | トップページ | 日曜日は »

・星野 俊光写真展 「光の中で」~東京湾岸のねこたち~

『星野 俊光写真展 「光の中で」~東京湾岸のねこたち~』、昨日上京して拝見してまいりました。

いまさら私が感想などを述べなくても、多くの方々がいろんなところで感想を代弁してもらっていますので多くを語らないことに。

しかし星野さんの作品は、作品自体の完成度の高さは言うまでもなくプリントのクオリティが非常に高いレベルであると感じます。

実は私、今回の展示内容のかなりの部分を事前に見ておりまて、一昨年の東風庵で4人展に参加させていただいた時に、A4サイズですがまだエプサイトに提出される前のポートフォリオのブックファイルを拝見させていただいていたのです。

そのときはハッキリ言ってへこみましたネ

ブックファイルを拝見したときはホントあまりの作品の美しさ、撮影に対する視点の広さや新たな表現を模索しているご様子がビンビン伝わってきて、写真表現としてはオーソドックスで保守的な私はそうとうヘこみました...

そうそう、今回会場に私が到着したのは閉館前の30分ほど前で、知人には「そんな時間に来て星野さんに失礼じゃないの」的雰囲気でしたが、上記のように事前に展示内容を知っていたのと、エプサイトの関係者も驚くような記録的来場者であることも判っておりましたので、なるべく来場者の方々と星野さんの交流できる時間を邪魔しないようにと考えての行動だとゆうことにしといてください。

けしって、その後の星野さんとの懇親会のみが目的ではありませんから...ハイ

余談ですが、星野さんは奇特なお方でギャラリーにて展示作品の使用機材や撮影データなどを詳細に公開されていますが、必ずそれを目にして高額な機材にたいしてのやっかみ発言が聞かれるみたいです。

「こんないい機材を使っていればオレにもこのくらい撮れる」って感じの発言が...

これって、ゴルフに置き換えると「あんたと一緒のクラブを使えば、オレも賞金王になれる」って石川遼クンに言っているようなもんなんですけどネ

0907__zi_3514_057

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:名古屋

2010012f212f412fc01945415f05615952e

|

« 長崎猫写行脚_10冬_11 | トップページ | 日曜日は »

コメント

東京お疲れ様です。
写真展だけでなく、交流会や撮影も
楽しまれてきたご様子ですネbeercamera

東風庵で見せて頂いたのは既に
エプサイト用に準備されていたものだったのですか〜
改めて敬服させられます。

投稿: HARADA | 2010年2月15日 (月) 00時28分

HARADAさんこんばんは。
エプサイト以外のギャラリー巡りやら、
星野さんとの懇親会やら、翌日の撮影やらで
結構ハードな内容になってしまいました(^^;;

星野さんは、いつも2歩も3歩も前を歩いていますよネ

ではまた。

投稿: 蔵人 | 2010年2月15日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎猫写行脚_10冬_11 | トップページ | 日曜日は »