« 探索 | トップページ | いまひとつ »

モノクロウィーク

GWも今日でおしまい。

金沢へ1泊旅行に行った以外は、名古屋で猫写。

5日間で35mm6本、ブローニー5本のモノクロフイルムを消費した。

日中はすっかり暑くなってきたので、朝方と夕方をメインに撮影して、昼間は現像やスキンのほかは部屋でウダウダする生活。

ウェブでモノクロ現像のことを調べていたら、撮影時の露出を含め私の想像以上に気を使わなければいけないような内容も多くあった。

露出は適正から±1段以内とか、原液より1:1の希釈の方が粒子状が良いとか、定着・水洗のやりすぎは諧調や粒子状に悪いとか、TMAXは専用の現像液でないとTMAXを使う意味が薄まるとか...

最近時間短縮のため現像液は原液を使っていたけど、これからは希釈してやろうかな。

もちろんこれは、銀塩モノクロプリントを極める高い品質のプリントを得るためのことで、とりあえずそれなりならば、現像時の液温と現像時間に注意を払えばまぁまぁ良さそうです。

1004_klasse__076

【カメラ:KLASSE S】

撮影地:名古屋

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展     ・4色の猫写真展

|

« 探索 | トップページ | いまひとつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 探索 | トップページ | いまひとつ »