旅行・地域

徘徊

大阪での「東京・大阪2都猫物語」「東京湾岸のねこたち」合同写真展を観に行って来ました。

朝一番から私は伺い写真展を堪能したのち、友人Takaさんと合流。

夜が飲み会とゆうことで、それまでの間まだだいぶ時間があいてしまいTajaさんと大阪のかなりディープな地区を二人で徘徊してきました。

・Takaさん撮影の画像はこちら→クリック

*背中の模様がハートに見えるキジトラシロ、懐っこかった。

Dscf3310

Dscf3333

Dscf3338

*Takaさんは路地に吊るされた裸電球に食いついていました。

Dscf3353

【カメラ:FUJIFILM FinePix X100】

撮影地:大阪

| | コメント (0)

今度はTakaさんと

Dscf2035

今度は、Takaさんと同じ場所でちゃーさんと呼ばれている猫の撮影。

ものすごく性格の良い仔です。

【カメラ:FUJIFILM FinePix X100】

撮影地:尾道

| | コメント (2)

ゴースト?収差?

今回の旅は、軍艦島上陸が主な目的だったので1日目は軍艦島上陸して長崎市内で宿泊、翌朝いつもの長崎の街で撮影をこなしたあとはノープランでした。

同僚が桜島が見たいそうなので、昼前には長崎を後にして在来特急と九州新幹線を乗り継いで鹿児島へ赴き桜島の雄姿を望み、在来特急を乗り継ぎその列車内で宿の手配を済ませ、この日は別府で泊まることにした。

宿にも大浴場の温泉は付いていましたが、別府はほとんど公衆浴場の入浴料が破格の¥100で駅前の24時間営業の浴場でも¥200なので、せっかくなので寝る前に駅前高等温泉へと、翌日の朝は竹瓦温泉に入浴しました。

その駅前高等温泉を月がほぼ満月だったので撮影しましたが、ゴースト?それとも収差ってやつ?月が滲んでしまいました...

Dscf2889

【カメラ:FUJIFILM FinePix X100】

撮影地:別府

| | コメント (4)

軍艦島

Dscf2803

7月13日より旅に出ていました。

主な目的地は軍艦島、長崎市の沖合いに浮かび、最盛期には5千人以上が暮らし石炭を採掘していた島で1974年に閉山後無人島となり、その後廃墟マニアの間でも高名なスポットとなりました。

職場の同僚(残念ながらオッサン)とひょんなことから軍艦島の話が出て、是非行ってみたいとなり、私も猫撮影では何度も訪れている長崎ですが軍艦島にも興味がかなりあったので今回の機会にオッサン2人で行って来ました。

現在軍艦島への上陸はかなり制限があり、僅か1時間程度の上陸しか許されず、立ち入れる範囲も厳しく制限されていて、本来の魅力のほんの少ししか感じ取れることができませんでしたが、やはりその存在感には圧倒されました。

【カメラ:FUJIFILM FinePix X100】

撮影地:長崎

| | コメント (0)

今日から

今日から・4色の猫写真展が開催されていますネ

私はとゆうと、明日から関西方面へ2泊の出張(T_T)

なんとか土曜か日曜日には駆けつけたいなぁ~

1005_f6_af35__010_2

【カメラ:F6_レンズ:AF35mmF2】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展     ・4色の猫写真展

| | コメント (2)

長崎へ

金・土・日で長崎へ撮影行脚に行ってきました。

長崎の街は今もちろん大河ドラマの影響もあり観光客で賑わっている様子。

天候も後半は不順なこともあって、著名な観光スポット周辺を避け

今回はいつもより狭い範囲での撮影。

実は今日も有休を貰っているので、旅の疲れを癒すためノンビリとしていましたが、

名古屋で唯一残っているリバーサル現像の当日仕上げを受付けてくれている

「ハイドカラー」に現像を初めて頼んでみました。

同じ名古屋市内でありながら、私の住んでいる場所からは公共交通の便がよろしくないのですが、

この4月から、堀内カラーもクリエイトもリバーサルフイルムの当日現像は無くなりましたので

少々不便な場所でしたがたまたま免許証の更新もあり、少し回り道になりますがちょうどよいので試してみました。

そんな訳でフイルムの現像はすでに済んで私の手元にあります。

写真は今回の第一長崎猫。

1005_f6_af35__005

【カメラ:F6_レンズ:AF35mmF2】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展     ・4色の猫写真展

| | コメント (2)

長崎猫写行脚_10冬_最終回

今回の長崎もいよいよ最終回です。

帰路に着くためC地区の出口まで降りてくると古くからの小さい市場がある、このあたりは趣きもありなおかつ猫たちを多く見かける一番のお気に入りの場所なのですが、どうやら道路拡幅が予定されているようで長崎を訪れる度に様子が変わっている。

店先で心地よさそうにしているミケが佇む、何気ない日常の当たり前の情景を撮影したのが今回の最後となりました。

ご覧のみなさま今回の長崎、いつもより短めでしたがお付き合いありがとうございました。

さて、寒かったこともあり今まで訪れたなかでは一番フイルムの消費が少なく2泊3日で合計7本約250カットほど、かつ猫写以外のスナップもいつも以上に撮影していたので猫写したのは200カットを下回っていて、さらに今まではほとんど一眼レフカメラを2台体制で撮影していたのですが、今回は同じ2台体制ではありますが一眼レフのF6とレンジファインダーのZeiss Ikonにした関係もあってZeiss Ikonで撮影したカットは我ながらもの凄く地味になっています。

長崎スナップと地味すぎる長崎猫を「猫ろじっく 道草」で掲載開始しますので、お時間のあるかたは覗いて下さいネ。

1001__zi_3514_109

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 B0138848_0203562 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展   ・早川敦子写真展   ・4色の猫写真展

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_23

路地を進むとすぐに日陰に入る、すると路地の片隅でキジトラシロに出逢ったので早速「にゃー」と挨拶したらこの仔は「ニャー」と挨拶を返してもらえた。

今回の旅もいよいよ大詰め、そろそろ帰りの時間が差し迫ってくる。1001__zi_3514_095 

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 B0138848_0203562 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展   ・早川敦子写真展   ・4色の猫写真展

| | コメント (0)

長崎猫写行脚_10冬_22

影の主はこのサバトラ?で、あまり歓迎されていないようでした...

しかし、わざわざ長崎まで行って撮らなくてもって感じですネ

1001__zi_3514_085

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 B0138848_0203562 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展   ・早川敦子写真展   ・4色の猫写真展

| | コメント (2)

長崎猫写行脚_10冬_21

入り組んだ長崎の路地では、なかなか朝陽が当たり撮影に向いていてなおかつ猫を見かける場所を見つけることが出来ない。

たまに朝陽のあたる場所に猫に出逢うこともあるが、ほとんどの場合絵にならない。

この日も朝陽を浴びる猫に出逢ったがバックは普通の民家、苦し紛れにこんな感じで撮影してみました。

1001__zi_3514_083

【カメラ:Zeiss Ikon_レンズ:NOKTONclassic35mmF1.4SC】

撮影地:長崎

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

知人の写真展情報

C0194541_1310459_4 B0138848_0203562 4302518454_02bb36aca2_o

・星野俊光写真展   ・早川敦子写真展   ・4色の猫写真展

| | コメント (4)

より以前の記事一覧